食べる

仙台のハンバーグ店「ハチ」、長町にカフェ&ダイニング新店 創業40年記念日に

カフェ&ダイニング「ハチ」店内

カフェ&ダイニング「ハチ」店内

  •  
  •  

 カフェ&ダイニング「HACHI(ハチ)」長町店(仙台市太白区長町5、TEL 022-395-8818)が11月18日、JR長町駅の商業施設「tekute(てくて)ながまち」にオープンした。

ハチ名物のナポリタンメニュー

 オールスパイス(仙台市上杉1)が手掛けるハンバーグレストラン「HACHI」の新店舗。同社の角田秀晴社長は「名取本店や仙台市内の店舗を利用いただいている中で、長町にHACHIがあったらいいのにという声を以前から頂いており、ようやくお応えすることができた」と話す。オープン日は40周年を迎えたHACHIの創業記念日に合わせた。

[広告]

 店舗面積は37坪で、客席はテーブル席とペット同伴可能なテラス席合わせて54席。客単価はランチ=1,400円~1,500円、ディナー=3,000円弱を想定する。

 HACHIの看板メニューのハンバーグや、2013(平成25)年に「ナポリタンスタジアム」でグランプリを獲得したナポリタンをはじめ、洋食や地元食材を使った料理を提供する。「HACHI各店舗で好評いただいているメニューの集合体のような店舗。ゆったり過ごしていただけるよう、食前のアルコールや前菜、食後のメニューなども増やした」と角田社長。

 主なメニューは、2.2ミリの超太麺が特徴の「ナポリタン」(850円)、和風ナポリタン「ジャポリタン」(800円)、HACHI特製の「黄金比率のハンバーグ」をトマトとバジルとチーズで仕上げた「トマトとチーズのイタリア風ハンバーグ」(ご飯・みそ汁付き、1,430円)、ふんだんにビーフを入れた煮込みハンバーグ「ビーフストロガノフハンバーグ」(同、1,630円)、ナポリタン・ハンバーグ・エビフライ・カニコロがセットになった「お得なハチミックス」(同、1,630円)、国産の牛バラ肉を炒めた創業時の名物料理「ビーフバラ焼」(同、1,380円)、岩手県産黒毛和牛を使った「国産黒毛和牛ステーキ」(同、2,980円)など。単品注文にも対応する。

 HACHI定番の「カニコロトマトソース」(200円)や、名取市の生産者から仕入れるクレソンを使った「朝摘み仙台クレソンのサラダ」(Sサイズ=380円、Mサイズ=740円)などの前菜やサラダ、「伝説の焼きプリン」「ほうじ茶のプリン」「クレソンのアイスクリーム」(以上350円)、「フレンチトースト」「ガトーショコラ」(以上450円)などのスイーツも用意。長町店限定メニューとして、ナポリタンにチーズをふんだんにのせてピザ窯で焼き上げる「ピザ風焼ナポリタン」(1,000円)や、「朝採り 宮城県雄勝産 生牡蠣(かき)」(1ピース=450円、3ピース=1,300円、6ピース=2,500円)も提供する。

 ドリンクメニューは、「HACHIプレミアムコーヒー」「カフェオレ」「紅茶」「ミルクセーキ」「いちごミルク」「アイスカフェオレ」(以上450円)、「クリームソーダ」(メロン・ブルーハワイ・イチゴ、各500円)、ビール(小=450円、中=600円)、ハイボール(450円)、ホッピーセット(530円)、カクテル(580円~)、ワイン(グラス=450円、デキャンタ=1,300円~、ボトル=3,000円~)など(価格は全て税別)。

 営業時間は10時~22時30分。ナポリタンやハンバーグなど、テークアウトメニューも用意する。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?