見る・遊ぶ

仙台駅前「イービーンズ」で漫画原画展 東村アキコさんら5作家、160点展示

「海月姫」など3作品の原画を展示する東村アキコさんのコーナー。会場内は全て撮影可(フラッシュは禁止)

「海月姫」など3作品の原画を展示する東村アキコさんのコーナー。会場内は全て撮影可(フラッシュは禁止)

  •  

 横手市増田まんが美術館(秋田県横手市)の特別移動企画展「原画!!ゲンガ!!!GENGA!!!!!展」が現在、仙台駅前の商業施設「イービーンズ」(仙台市青葉区中央4、TEL 022-266-2222)9階・杜(もり)のイベントホールで開かれている。

「釣りキチ三平」で知られる矢口高雄さんのコーナー

 漫画をテーマにした美術館として1995年10月に開館した横手市増田まんが美術館。現在、原画の収蔵と展示に特化した「原画収蔵数世界一の美術館」として大規模リニューアル工事のため休館している。

[広告]

 2019年5月のリニューアルオープンに先立ち企画した今回の企画展。「釣りキチ三平」で知られる矢口高雄さん、「銀牙」シリーズの高橋よしひろさん、「子連れ狼(おおかみ)」の小島剛夕さん、「哭(な)きの竜」の能條純一さん、「海月(くらげ)姫」の東村アキコさんの5人の収蔵原画、計約160点を展示する。

 作家ごとにテーマを設け、収蔵する原画の中から印象的な場面をピックアップ。東村さんのコーナーでは「豊かな表情」をテーマに、「かくかくしかじか」「東京タラレバ娘」「海月姫」の3作品の原画を展示する。「東村先生の作品の登場人物たちは皆表情豊かで、喜怒哀楽に当てはめることができないような、繊細な表情が魅力」と担当者。

 「普段私たちが目にする漫画の元であり、漫画家が生み出す唯一無二の『原画』の世界を存分に堪能いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は10時~、入場は19時30分まで)。入場料は、一般=500円、高校生以下無料。10月14日まで。最終日は14時から、矢口さんと、「バーサス魚紳さん!~釣りキチ三平外伝~」の作画を手掛ける立沢克美さんの合同サイン会を行う。参加料は1,000円(9月30日までに要申し込み)。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?