天気予報

26

17

みん経トピックス

PR

仙台に豚肉料理メーン居酒屋仙台「東北Webサミット」

仙台のシルバーアクセサリーショップが10周年-商品価格見直しも

  • 0
仙台のシルバーアクセサリーショップが10周年-商品価格見直しも

今年5月に創業10周年を迎えた「サード」。自社ビル1階に店舗を構える「SAAD 仙台青葉通店」店内の様子

写真を拡大 地図を拡大

 仙台を拠点に、シルバーアクセサリーや革製品の製造・販売を行うサード(仙台市青葉区一番町2、TEL 022-212-1160)が5月に創業10周年を迎えた。

創業10周年を迎えたサード-「ネイティブアメリカン」をコンセプトに商品を展開

 同社は1998年、「ネイティブアメリカン」をコンセプトにしたショップ「SAAD」の1号店を東京・町田にオープン。その後、「SAAD 仙台イービーンズ店」(青葉区中央4)で仙台に進出して人気を集め、「土地の居心地のよさ、人の温かさ」などを理由に本拠地を東京から仙台へと移した。わずか2坪で始めた町田店オープンから10年たった現在では、「SAAD」「Arif Collection」「SANA」「SAAD Leather」の4ブランドを全国23の直営店で展開する。

 商品の製造は「本物へのこだわり」をモットーに、「品質の確かな材料を現地から直接仕入れ、1人1人の手に渡るまでのすべての作業工程に重きを置いている」という。同社のモハマド・ユセフ・サード社長自らが「アクセサリーを身に着けているお客さまの表情を思い浮かべながら」デザインを手掛け、その後の工程もすべて職人が手作りで行う。

 各店の取扱商品はシルバーアクセサリーや革製品、時計、ジーンズなど約3,000点。価格は約3,000円~100,000円と幅広く、中心価格帯は15,000円。20代半ばをメーンターゲットにしながらも、「男女とも幅広い層のお客さまにご購入いただいており、大学生や社会人、カップルのお客さまも多い」(同店)という。

 同社では創業10周年を機に全体の商品価格を見直し、30%前後のプライスダウンを行ったほか、ノベルティーのオリジナルバックも用意。10年を振り返って同社の担当者は「仙台での認知度が上がり、『SAAD』の名前を覚えてもらえるようになったことが一番の成果」と話し、「これからも手作りへのこだわりを続け、一方でお客さまを飽きさせない新しさを常に追求していきたい」と意気込みをみせる。

 同社ビル1階の店舗「SAAD 仙台青葉通店」の営業時間は10時~20時。

「SAAD 仙台青葉通店」シルバーアクセサリーの並ぶ店内(関連画像)SAAD南青山「クロムハーツ トーキョー」が全面リニューアル-バスケコートも(シブヤ経済新聞)下北沢・東洋百貨店のハンドメード・アクセ店が拡張移転へ(下北沢経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

リニューアルした藤崎の和洋酒売り場。日本酒に合う宮城の水産加工品やワインに合うチーズも置く
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング