天気予報

12

11

みん経トピックス

PR

仙台に「ドンキ」4店舗目仙台の着物ショップが移転

仙台のヒップホップユニットが小田和正さんとコラボレーション

  • 0
仙台のヒップホップユニットが小田和正さんとコラボレーション

5月9日に「Dear Mama feat.小田和正」をリリースするLGYankees

写真を拡大 地図を拡大

 仙台在住のアーティスト「LGYankees」が5月9日、小田和正さんをフィーチャリングした新曲「Dear Mama feat.小田和正」をリリースする。発売元はハドソン(東京都港区)。

 LGYankeesはHIRO、RYO、NO.2の2MC・1DJからなるヒップホップユニット。2006年1月に発売したファーストアルバム「JOINTED 2 HOMIES」が11万枚のセールスを記録し、2006年のオリコンインディーズアルバムチャート・ヒップホップ部門で2位を獲得した。

 メジャー第1弾シングルとなる同曲は、HIROさんが母親に捧げたインディーズ時代から人気の楽曲。HIROさんは、「母親をはじめ自分たちを支えてくれているすべての人たちへ、『感謝の気持ち』を恥ずることなく伝えている曲。特に決まったターゲットを選定せず間口を広げたことで、今までヒップホップに興味がなかった人など、誰にでも聴いていただけるチャンスがあるのでは」と話す。

 今回のコラボレーションは、幼いころから小田さんの歌を聴き、自身の音楽性に大きな影響を受けたというHIROさんが直談判でオファー。その熱意や音楽性、歌詞に込められたメッセージ性に感動した小田さんから快諾が得られ実現したという。小田さんは東北大学出身で昨年、同大学から「100周年記念文化貢献賞」を贈呈されるなど、仙台とのゆかりも深い。

 自身が所属するレーベル「NO DOUBT TRACKS」の代表でもあるHIROさんは今回のリリースをきっかけに、「ジャンルにとらわれることなく、仙台から音楽シーンを盛り上げていきたい。力があってもそれを発揮する場が少ない東北・仙台で、今後を担う若者のために、レーベルを通して大都市圏にアタックできるような環境も整えていければ」と意欲をみせる。

 価格は、初回限定版(DVD+CD)=1,575円、通常版(CDのみ)=1,050円。

仙台のヒップホップ集団、ハドソンの音楽レーベルからアルバム発売(仙台経済新聞)iPod touch使って志摩出身のヒップホップグループを応援(伊勢志摩経済新聞)NO DOUBT TRACKSHUDSON MUSIC ENTERTAINMENT

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

水産加工品など女川特産品や工芸品、女川グルメなどを販売する「女川物産展」。昨年の会場の様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング