3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

仙台・長町商店街にカフェ&バー、長町で生まれ育った男性が出店

むき出しの鉄骨や梁(はり)など骨組みを生かし、古さと新しさが融合する空間に仕上げた店内

むき出しの鉄骨や梁(はり)など骨組みを生かし、古さと新しさが融合する空間に仕上げた店内

  • 0

  •  

 仙台・長町商店街に「PUBLIC. COFFEE&BAR(パブリック コーヒーアンドバー)」(仙台市太白区長町3、TEL 022-738-7463)がオープンして1カ月がたった。

「PUBLIC. COFFEE&BAR」外観

 同商店街で商売を営む家に生まれ育ったオーナーの大友隆嗣さんが開いた同店。「長町に住んでいる人は、ここが一番だと思っている人が多いと思う。自分も大好きなこの場所以外での出店は考えられなかった」という。店名には「みんなが集って好きに使ってもらえる場所、パブリックスペースのように毎日来てもらえるような店になれば」との思いを込めた。

[広告]

 店舗面積は24坪で、席数はテーブル38席。長屋を利用した店内は、白や黒・木目を基調にした温かみのある雰囲気が特徴。吹き抜けの天井や大きな窓が開放的な空間を演出している。

 ランチタイムは、キッシュ、フレンチトースト、エッグベネディクトなど6種類のプレート(各900円)と「アサイーボウル」(800円)を提供。エスプレッソ(300円~)、カプチーノ、ショコラータ(以上400円)などのドリンク、クレームブリュレ(400円)、ガトーショコラ、チーズケーキ(以上500円)などのデザートも用意する。

 ディナータイムは17種類のタパス(小皿料理)をはじめ、サラダ・魚介料理・肉料理・パスタ・デザートなど「イタリア・フランス・スペインのいいとこ取り」のメニューを提供。「オリーブのフライ」(330円)、「モッツァレラチーズとプチトマトのアヒージョ」(540円)、「本日のキッシュ」(900円)、「ハモン・セラーノ」(1,000円)、「鮮魚のカルパッチョ」(1,200円)、「殻付きカキの白ワイン蒸し」(1,500円)など。

 ドリンクは、ビール・ワイン・カクテル・ウイスキー・コーヒー・紅茶など約100種類。中でもビールに力を入れ、「バスペールエール」(780円)、「クルスカンポ」(810円)、「ブルックリンラガー」「レッドストライプ」(以上840円)など「日本人受けしやすく、飲みやすいビールをセレクトしている」と大友さん。ディナータイムの客単価は3,000円~3,500円。

 30~40代を中心に、近隣に住む主婦や若い男性、年配客、女性グループなど幅広い層が利用し、早くも常連客を獲得している。大友さんは「長町で根を張り、ここに来たら何か面白いことがあると思ってもらえるような店を目指したい」と意気込む。「昔のような、にぎわいのある長町になるよう盛り上げていければ」とも。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~24時。月曜定休。

ピックアップ

Stay at Home