見る・遊ぶ

仙台の冬を彩る「光のページェント」開幕-震災前と同じ点灯時間に

定禅寺通グリーンベルトでは多くの市民が光で彩られたケヤキを見上げて歩いていた

定禅寺通グリーンベルトでは多くの市民が光で彩られたケヤキを見上げて歩いていた

  • 0

  •  

 仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が12月6日に開幕し、定禅寺通に光の回廊が現れた。

60万球が一斉に点灯して浮かび上がった光の回廊

 1986(昭和61)年に初めて開催され、今年で28回目を迎えた同イベント。定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)約660メートルのケヤキ160本に、60万球の発光ダイオード(LED)を設置。電球色で温かみのある色合いのSENDAI光のページェント用LED「仙台カラー」が、冬の仙台を彩る。

[広告]

 テーマは「あたたかな光が創り出す『よろこびと感動のステージ!』」。「震災後の一昨年、昨年は全国から多くのご支援を頂いた。今年は仙台を訪れてくださる皆さま、地元の皆さまに感動を与えるべく、このテーマに決めた」(同実行委員会担当者)。

 「一人でも多くの方々にページェントを楽しんでいただきたい」と、点灯時間を震災前と同じ23時(最終日のみ24時)までに戻す。「誰かに写真を撮ってほしいが頼みづらい」という来場者の声に応え、スタッフが会場を巡回し、写真撮影や道案内などの「おもてなし」も行う。「仙台をもっと好きになっていただければうれしい」と同担当者。

 期間中は、定禅寺通国分町交差点に登場する「光の歩道」、サンタクロースやトナカイに扮(ふん)した市民約300人がパレードする「サンタの森の物語」、長さ26メートル・幅17メートルの屋外アイススケートリンク「Sendai Winter Park」など、多数の関連イベントも実施。東北初出店となる「エビスビール」専門のスタンディングバー「YEBISU BAR(エビスバー)」、宮城の食材を使ったフードなどを提供するスタンディングバー「復興応援 キリン みやぎ絆キッチン」など、期間限定の飲食ブースも登場する。

 実行委員会では、昨年の238万人を上回る280万人の人出を見込む。同担当者は「会場にお越しの皆さまに、温かな光の下で喜びと感動を感じていただければ」と来場を呼び掛ける。

 点灯時間は17時30分~23時(最終日は24時まで)。18時~20時の1時間おきに、1分間消灯した後に再点灯する「スターライト・ウインク」を実施。今月31日まで。