仙台・八木山動物公園で恒例の夜間営業-園内を幻想的にライトアップ

夜間営業の見どころの一つ、フラミンゴ。ライトに照らされた姿が水面にも映し出される

夜間営業の見どころの一つ、フラミンゴ。ライトに照らされた姿が水面にも映し出される

  • 0

  •  

 仙台市八木山動物公園(太白区八木山本町1、TEL 022-229-0631)で8月22日、夏休み特別企画「夜の動物園を楽しもう」が始まった。

緑色にライトアップされたサル山に人だかり

 2007年から夏休み期間に合わせて毎年行っている夜間営業。通常16時45分までの開園時間を21時まで延長。園内各所を色とりどりのライトで照らし、「日中とはまた違う幻想的な雰囲気」(同園担当者)を演出する。

[広告]

 見どころについて、「ライトアップされた薄暗い中を活発に動きまわる夜行性のライオンやトラ、光で照らされたプールの中を泳ぐカバやホッキョクグマ。サルやシマウマなど薄明かりの中の動物たちのシルエットや、水面に映るフラミンゴの姿も幻想的」と同担当者。ゴリラとトリ類の一部は見られない。

 初日は多くの家族連れやカップルが来園。ライトアップされた動物たちを眺めたり写真に収めたりして、普段は見ることのできない動物たちの様子を楽しんでいた。同担当者は「夏休み最後の思い出に、いつもと違った雰囲気の動物園を楽しんでもらえれば」と来園を呼び掛ける。

 開園時間は9時~21時(夜間営業は16時45分~21時、入園は20時15分まで)。料金は、一般=400円、小・中学生=100円。年間パスポート・どこでもパスポートも利用可能。24日まで(雨天時は中止または開園時間を短縮する場合も)。

Stay at Home