見る・遊ぶ

むすび丸、「ゆるキャラGP」低迷に苦悩-原因は「ゆるくない」から?

イベント会場で投票を呼び掛ける「むすび丸」。「僕だけじゃなく、県内のお友達も頑張っているので見てほしいです」

イベント会場で投票を呼び掛ける「むすび丸」。「僕だけじゃなく、県内のお友達も頑張っているので見てほしいです」

  • 0

  •  

 「ゆるキャラグランプリ2012」出場中の宮城県観光PRキャラクター「むすび丸」が、ランキングの低迷に頭を悩ませている。

QRコードを口に貼り付けて投票を呼び掛け

 来春開催される「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」のPRを目的に投票初日の9月15日から同GPに参戦しているむすび丸。仙台経済新聞で取り上げた9月24日時点では11位に着けていたが、762キャラ中35位(10月22日時点)まで順位を下げ、気仙沼市観光キャラクター「海の子 ホヤぼーや」(26位)にも追い抜かれた。

[広告]

 現在の心境をむすび丸に聞いた。「全国700以上のお友達が参加している中で、頑張っている方じゃないかな…」と前向きに受け止めながらも、「だんだん順位が下がってきて、応援してくれるみんなに申し訳ない気持ちもあります…」と悲しい表情を浮かべた。低迷の原因は「最近、伊達武将隊に入りたいって言ったり、『伊達な旅日記』(県観光PR動画)で全力疾走してみたり、他のゆるキャラさんたちに比べて『ゆるくない』ことをしているからかなぁ」と分析する。

 県観光PR担当係長としての仕事の合間にツイッターでフォロワーに投票を呼び掛けたり、イベント会場でQRコードの入りカードを配ったりと、ひたむきに集票活動を続けるむすび丸。「宮城の元気を少しでも早く取り戻したいって思って参加したので、1位を目指すことよりも、宮城のことを忘れずにいてもらえるように全国の方々にお伝えしていきたい」と話し、「たくさんの笑顔の花が咲き誇るようにこれからも頑張るので、応援よろしくね」と呼び掛ける。

 投票期間は11月16日までで、1日1回投票できる。なお、同グランプリ実行委員会では今月18日、不正投票に関する「緊急メッセージ」をトップページに掲出した。

Stay at Home