見る・遊ぶ

伊坂幸太郎さん原作の映画「ポテチ」、宮城で先行公開へ-仙台オールロケ

公開記念トークイベントの様子。主演の濱田岳さん(写真左)と中村義洋監督(右)が仙台での撮影を振り返った

公開記念トークイベントの様子。主演の濱田岳さん(写真左)と中村義洋監督(右)が仙台での撮影を振り返った

  •  
  •  

 仙台在住の作家・伊坂幸太郎さん原作の映画「ポテチ」が4月7日から、宮城県内6つの映画館で先行公開される。

主演の濱田岳さんと中村義洋監督

 同作は、伊坂さんが2007年に発表した短編集「フィッシュストーリー」に収録されている作品「ポテチ」を原作とする68分の中編映画。東日本大震災発生後の不安な日々の中で「中村さんが映画化した『ポテチ』が見たい」と思ったという伊坂さんが、5月下旬に映画化を相談。中村義洋監督が快諾し、急ピッチで製作に取り掛かった。

[広告]

 撮影は昨年8月30日~9月7日の8日間、勾当台公園や仙台市民球場、藤崎百貨店や仙台国際ホテルなどオール仙台ロケで行った。仙台市民もエキストラとして参加。仙台市の「第3回仙台シネマ認定作品」にも認定された。

 仙台の同じ病院で同じ日に生まれたプロ野球のスター選手と平凡な青年が、奇妙な運命に翻弄(ほんろう)されながらも強い絆で結ばれていくというストーリー。キャストは、主演の濱田岳さんをはじめ、木村文乃さん、大森南朋さん、石田えりさんなど。音楽は斉藤和義さんが手掛けた。

 6日には、藤崎百貨店前で公開記念トークイベントが行われ、中村義洋監督と主演の濱田岳さんが来仙。作品に込めた思いや撮影の裏話、仙台のボランティアスタッフとのエピソードなどを話した。

 「企画が成立してから、撮影、公開まで、こんなに短期間でできる映画はなかなかない。いい意味で生々しいというか、芝居が生な感じなので、そこを見てほしい」と中村監督。「本当に楽しい映画になったので、気軽に見に来てもらえれば」と呼び掛けた。

 先行公開するのは、「MOVIX仙台」「MOVIX利府」「ワーナー・マイカル・シネマズ名取」「ワーナー・マイカル・シネマズ新石巻」「109シネマズ富谷」「フォーラム仙台」の6館。5月12日から全国ロードショーを予定する。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?