食べる

ワインバル「ガブリシャス」が500円ピザ 仙台店限定、12種類ラインアップ

窯焼き500円ピザを薦める三浦店長。「多くのお客さまからの支えがあり、間もなく5周年を迎えることができる。これからもお客さまとの出会いを大切にして日々の営業に取り組んでいきたい」

窯焼き500円ピザを薦める三浦店長。「多くのお客さまからの支えがあり、間もなく5周年を迎えることができる。これからもお客さまとの出会いを大切にして日々の営業に取り組んでいきたい」

  •  
  •  

 仙台市青葉区の「ワイン酒場 GabuLicious(ガブリシャス)」仙台店(仙台市青葉区中央1、TEL 022-796-8736)が10月15日、「窯焼き500円ピザ」の提供を始めた。

窯焼き500円ピザ「マルゲリータ」

 同店は、「気の合う仲間とワイワイ楽しみながら、ガブガブ飲み食べできるワイン酒場」をコンセプトに、エスエルディー(東京都渋谷区)が銀座・渋谷・仙台で展開するワインバル。仙台店は2014(平成26)年11月にオープンし、来月5周年を迎える。20~30代の女性をメインに週末は20~50代の男女が利用し、客単価は3,000円。店舗面積は36.1坪、席数は1階・2階合わせて68席。

[広告]

 仙台店限定の新商品となる「窯焼き500円ピザ」。これまでも提供していたピザの価格を500円(税別)均一に改定し、種類を増やして提供する。三浦雄太店長は「当店はワインバルなので、お酒と肉・タパス・ピザという楽しみ方をしていただきたい。おつまみ感覚で、気軽に窯焼きピザをお召し上がりいただきたいという思いからスタートした。関東では実施している店もある500円ピザだが、仙台ではあまり見ないということも理由の一つ」と話す。

 ラインアップは、「マルゲリータ」「ガーリック&アンチョビ(マリナーラ)」「ツナ&コーン」「クリームチーズ&フレッシュトマト」「ボロネーゼ&ナス」「バジル&マスカルポーネ」「サーモン&アボカド」「バジル&チキン」「半熟玉子&ベーコン」「明太子(めんたいこ)&ポテト」「ゴルゴンゾーラ&ハチミツ」「照り焼きチキン」の12種類。サイズは直径20~22センチ。

 提供を始めてから1テーブル当たりの注文数が増え、バリエーションが増えたことで常連客からも好評を得ているという。「自慢の12種類の窯焼き500円ピザを、おなかいっぱいになるまで堪能いただければ」と三浦店長。

 併せて、1,900円(税別)均一のボトルワイン提供も始めた。赤・白・スパークリング計21種類を用意する。「金額を気にせず、仕事帰りに同僚と、女子会でなど複数人で利用いただき、さまざまなメニューに合わせてワインをガブガブお召し上がりいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~24時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?