食べる

仙台の複合AM施設に「徳島ラーメン人生」2号店-初日は無料提供も

同店の「徳島ラーメン」。西多賀店オープン初日は無料で振る舞われる

同店の「徳島ラーメン」。西多賀店オープン初日は無料で振る舞われる

  •  
  •  

 仙台市太白区の複合アミューズメント施設「ベガロポリス」(仙台市太白区西多賀5)に11月11日、「徳島ラーメン人生」西多賀店(TEL 022-398-8331)が出店する。

自慢の徳島ラーメンを手にする新崎人生さん

 みちのくエンタテインメント(若林区土樋)社長で「みちのくプロレス」のレスラーとしても活躍する新崎人生さんが「故郷・徳島の食文化である徳島ラーメンを東北の方々に伝えたい」と出店する同店。今年3月に初出店した泉店(泉区市名坂原田)は会社員や家族連れなど幅広い層が利用し、平日約450杯、休日約600杯を売り上げる。

[広告]

 「2号店の出店は計画にあったが、アミューズメント施設内という集客的に良い物件だったので予定を早めた」と新崎さん。店舗面積は約30坪で、席数はカウンター・テーブル合わせ26席。

 メニューは「徳島ラーメン」(580円)、同「味玉入り」(680円)、同「肉盛り」(780円)、同「味玉肉盛り」(880円)の4種類。徳島県産のストレート中細麺を使用し、硬さは「ふつう麺」と「カタ麺」の2種類から選べる。スープは新崎さんが修行した「ラーメン東大」(徳島県徳島市)直伝の「黒系」しょうゆ豚骨で「見た目は濃いが実は飲みやすいあっさり味で、白いご飯と良く合う」のが特徴。具はメンマ、ネギ、しょうゆだれで煮込んだ豚バラ肉。テーブルに置かれた味付けモヤシと生卵もトッピングできる(無料)。

 「1号店オープン以来、プロレスよりもラーメンの話をされることが圧倒的に多くなってきた。それだけ短期間でいろいろな方に徳島ラーメンを知っていただき、受け入れてもらえたのだとうれしい」と新崎さん。オープン初日は新崎さんも店に立ち、11時~20時の入店客には「徳島ラーメン」の無料サービスを予定する。「まだ食べたことのない方にもお越しいただき、徳島の食文化を堪能してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~24時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?