見る・遊ぶ

宮城県南2市7町で周遊謎解きゲーム、10年目の開催へ ご当地キャラを探せ

ポスターを手にイベントをアピールする庄子さん(写真提供=宮城県大河原地方振興事務所)

ポスターを手にイベントをアピールする庄子さん(写真提供=宮城県大河原地方振興事務所)

  • 126

  •  

 宮城県南2市7町を対象にした周遊型謎解きゲーム「県南ご当地キャラクターを探せ!2024」が7月1日、始まる。主催は仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会県南地域部会。

「県南ご当地キャラクターを探せ!2024」リーフレット表面

[広告]

 県南地域の魅力を知ってもらおうと2015(平成27)年に初開催し、10年目を迎える企画。「県南エリアへの招待状」(リーフレット)に書かれた謎を解き、観光PRキャラクターを見つけ出す。2市7町を「蔵王山麓エリア(蔵王町・七ケ宿町・白石市)」「歴史街道エリア(川崎町・村田町・大河原町)」「阿武隈川エリア(柴田町・角田市・丸森町)」の3エリアに分けて行う。

 リーフレットに書かれた謎を解くと導き出される場所を訪れ、キャラクターと共に置かれているキーワードとスタンプをエリア内3カ所で集めると、そのエリアがクリアとなる。1エリア以上クリアするとキャラクターグッズや特産品、温泉宿泊券などの賞品の抽選に応募でき、クリアしたエリア数に応じて対象賞品が増える。賞品は計64人に進呈する。

 各エリアの対象店では謎を解くためのヒントを提供する。事務局を務める宮城県大河原地方振興事務所地方振興部の庄子優花さんは「今回も難問ぞろいとなっている。ヒント提供店でヒントをもらい、仙南地域の観光施設を巡りながら謎解きを楽しんでほしい」と呼びかける。

 リーフレットは、県南地域の市役所、町役場、県大河原合同庁舎、観光施設、道の駅、高速道路のサービスエリアで配布するほか、県のウェブサイトに用意する。9月30日まで(応募締め切りは10月2日)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース