仙台で「定禅寺ジャズフェス」20年目の開催へ-過去最多750組

仙台に秋の訪れを告げる恒例の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」。今年で20年目を迎える

仙台に秋の訪れを告げる恒例の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」。今年で20年目を迎える

  • 0

  •  

 仙台中心部で9月11日・12日、毎年恒例の野外音楽イベント「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が開催される。

 1991年に出演25グループ、観客約5,000人から始まった同イベント。年々参加グループと観客数を増やし、2000年の第10回からは会期を2日間に拡大。ここ数年は2日間で延べ70万人以上を動員するなど一大イベントに成長し、今年で20周年の節目を迎える。

[広告]

 勾当台公園市民広場をメーンステージに、青葉区一番町・国分町・本町・中央・大町など市内中心部各所のビル前・商店街・公園・広場などに全46ステージを用意。今年初めて、仙台駅東口側にも5ステージを設ける。

 県内外から過去最多となる750グループ、約5,000人が参加。ジャズ・スカ・ゴスペル・ポップス・ワールドミュージック・ロックなど、さまざまなジャンルの演奏が杜の都に響く。

 関連イベントも行われる。JR仙台駅では3階コンコースに特設ステージを設け、「Eki-Naka LIVE」を開催。2階イベントスペースには、ステージを眺めながら利用できるスタンディングカフェを開設。フード・ドリンクの提供やオリジナルグッズの販売などを行う。営業時間は11時~17時30分。

 錦町公園では、宮城純米酒サポーターズクラブによる「純米酒BAR」が今年も出店。昨年より5蔵多い21蔵が協力し、日本酒や日本酒カクテル、オリジナルドリンクなどを提供する。

 開催時間は、ストリート演奏=11時~18時、ナイトステージ=18時~21時。観覧無料。

Stay at Home