買う

仙台のサロンスペースで週末限定「ショーテンゼロ」-展示販売とイベント

「ゼロベース」で開催中の「ショーテンゼロ」。絵画やファッション雑貨、家具などを展示販売する

「ゼロベース」で開催中の「ショーテンゼロ」。絵画やファッション雑貨、家具などを展示販売する

  • 0

  •  

 仙台市青葉区のサロンスペース「ゼロベース」(仙台市青葉区春日町、TEL 022-262-3356)で10月1日から、週末限定イベント「show.0(ショーテンゼロ)」が開かれている。

8日から開催されている「わののわ」の様子

 仙台で活躍するCMディレクターの菊地貴公さんが「面白そうな思いつきを形にする場」として今年5月に開設した同スペース。これまで、写真展や個展、トークイベントなどを開催してきた。

[広告]

 今回の催しは、セレクト商品やオリジナルコラボ商品の常設販売を行い、併せて各種イベント、ユーストリームのライブ放送などを行うもの。菊地さんは「以前家具店をやっていた時、想定外の人たちとの出会いが面白かったので、いろいろな人と出会うきっかけを作りたいと思った」と話す。

 期間中は、青葉区のギャラリーカフェ「PICNICA」と東京・代官山のギャラリー「SPEAK FOR」がセレクトした約20人のアーティストによる絵画作品約50点(1万円~5万円)、仙台のスタイリスト・櫻井由美さんによるブランド「h」のファッション雑貨約30点(500円~3,500円)、秋田の家具製作工房「YF youcas furniture」の家具約15点(1万5,000円~8万円台)などを展示販売する。

 8日からは全国のガラス・漆器・陶器・磁器・木工・鉄器作家やショップによる展示販売イベント「杜の都のうつわのチカラのわ『わののわ』」を併催。「震災でお気に入りの器がたくさん割れてしまった人へ、自分だけの器を選んで手にする喜びを届けよう」との思いから企画されたもので、皿やカップなど500点以上を販売する。10日まで。

 今後のイベント予定は以下の通り。16日=スタイリスト・グラフィックデザイナーなど在仙クリエーターによるフリーマーケット、仙台出身のイラストエッセイスト・犬山紙子さんの「負け美女」出版記念サイン会。29日=ファミコンゲームで対戦し、好きなファミコンソフトについて語り合う「ファミコンナイト(仮)」、11月6日=東北の日常を面白くするために活動している団体「つれづれ団」による「面白イベント(仮)」。

 営業時間は12時~19時(イベントにより異なる)。