食べる

仙台朝市で今年も「東四ビアガーデン」 魚介バーベキュー食べ放題コース新設

色とりどりのちょうちんで雰囲気を盛り上げる会場の様子

色とりどりのちょうちんで雰囲気を盛り上げる会場の様子

  • 111

  •  

 仙台朝市で仕入れる生鮮食材を使ったバーベキューを提供する「仙台朝市直結 東四ビアガーデン」(仙台市青葉区中央4、TEL 022-398-5153)がオープンして1カ月がたった。

バーベキュー用の魚介類はプレミアムプランで食べ放題に

 例年、会社員や朝市関係者、若者グループや家族連れ、女子会、「おひとりさま」など幅広い層が利用する仙台朝市の東四市場屋上ビアガーデン。今年も新型コロナウイルス感染防止対策を講じてゴールデンウイーク前の4月27日に営業を始めた。

[広告]

 120分の飲み放題・食べ放題制。色とりどりのちょうちんで飾った会場内には、ドリンクとフードの屋台と、風雨・防寒対策のカーテン付きテント内にテーブル席約100席を用意する。

 ドリンクは、「ザ・プレミアム・モルツ」「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」「ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉」のたる生をはじめ、超炭酸ハイボール、日本酒、ワイン、レモンサワー、カクテル、ソフトドリンクなど40種類以上をそろえる。

 フードは常時70種類以上を用意する。ビュッフェコーナーには、バーベキュー用の牛肉、豚肉、鶏肉や野菜、串焼き各種をはじめ、鶏唐揚げ、フライドポテト、オニオンリング、枝豆、カレー、焼きそば、サラダなどを用意。金券と交換する有料コーナーには、サザエ、カキ、ホタテ、アカエビ、イカ、大アサリ、シシャモなど市場直送の魚介類や、仙台名物の牛たん、中落ちカルビ、サーロイン、ラムチョップといった肉類など、その日のお薦めをそろえる。

 今回は、カキやサザエなどバーベキュー用の魚介類が食べ放題になる「食べて東北応援!プレミアムプラン」も用意した。支配人の猪股忠樹さんは「飲食店に限らず、生産者や取引業者も大変な思いをされている。新型コロナ禍で落ち込んだ水産物の需要が、少しでも上向く一翼を担えればうれしい」と話す。

 現在の利用者は「家族やカップルでの食事、久々に会った友人同士や記念日などでの利用が多い」と猪股さん。「3密になりにくいビアガーデンといえど、感染症対策を徹底している。オープンエアーな環境下で、たまには外食を楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は17時~23時(土曜は15時~、日曜・祝日は15時~22時、6月13日までは12時~21時)。水曜定休(7月・8月は無休)。料金は、ベーシックプラン=大人4,000円(800円の金券付き)、小人(6歳~12歳)2,000円、プレミアムプラン=大人5,500円、小人2,500円。いずれも未就学児無料、大人は延長30分ごとに500円増し。9月18日まで(同23日からは東四芋煮ガーデンとして営業予定)。

 新型コロナ感染予防対策として、従業員の体調の点検と記録、マスク着用や手指のアルコール消毒、店内各所は定期的にアルコール消毒を行う。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース