食べる

仙台・一番町四丁目の老舗「菅原酒店」が改装 非喫煙者にも配慮したパブに

カウンター越しの壁にたばこが並ぶ「菅原酒店」店内

カウンター越しの壁にたばこが並ぶ「菅原酒店」店内

  • 118

  •  

 仙台・一番町四丁目商店街入り口で1895(明治28)年から営業を続ける老舗の酒・たばこ店「菅原酒店」が5月29日、受動喫煙問題対策に主眼を置いたアイリッシュパブ「PUB THE SWAN(パブ ザ スワン)」(仙台市青葉区一番町4、TEL 022-222-6381)としてリニューアルオープンした。

「ギネス」1パイントと「フィッシュ&チップス」

 「まちのたばこ屋さん」として市民に長年親しまれてきた菅原酒店。2011(平成23)年1月には店内にバーカウンターを設け、日本酒中心のスタンディングバーとして営業を始めた。10周年を迎えた今年、「たばこ販売店として地域の受動喫煙問題を解消したい」と、「喫煙者・非喫煙者も安心して楽しめるアイリッシュパブ」に刷新した。

[広告]

 店舗面積は約5坪で、一度におおむね12人まで入れる。天井には店内全体を約3分間に1回換気できる排煙設備を導入した。「店舗面積に対する規定を上回る機能の設備を導入することで、喫煙者・非喫煙者が同じ空間でも安心して飲食していただける」と同店スタッフ。喫煙者を店内に誘導することで、公共空間での受動喫煙や歩行喫煙の防止、たばこのポイ捨て問題の解消にもつなげたいという。

 ビールは、「ギネス」「キルケニー」(以上1パイント=1,000円、2分の1パイント=600円)をはじめ、たる替わりのクラフトビール(レギュラー=700円、スモール=500円)を提供。ウイスキー、カクテル、ジン、日本酒やソフトドリンクもそろえる。

 フードは、「シェパーズパイ」(500円)や「フィッシュ&チップス」(S=600円、L=800円)、「アソートソーセージ」(800円)など伝統的なアイリッシュパブメニューをはじめ、手軽につまめる「オイルインオリーブ」「ピックルドチーズ」(以上400円)などを提供する。

 担当者は「たばこを吸う人も吸わない人も気軽に利用してもらいたい。楽しみながら喫煙マナーを身に付ける、喫煙者に向けたマナー啓発も行っていければ」と話す。

 通常営業時間は、平日=10時~21時(金曜は23時まで)、土曜=11時~23時、日曜・祝日=11時~20時。6月13日までは時短営業。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース