仙台・旧佐々重ビル跡の「一番町平和ビル」、出店テナント発表

建設が進む現在の「一番町平和ビル」

建設が進む現在の「一番町平和ビル」

  •  
  •  

 平和不動産(東京都中央区)は7月26日、仙台市青葉区の旧佐々重ビル跡地で開発を進めている複合商業ビル「一番町平和ビル」(仙台市青葉区一番町3)の出店テナントを発表した。

「一番町平和ビル」完成後のイメージ

 同施設は地上10階建てで、敷地面積1737平方メートル、延べ床面積は11079平方メートル。当初は今年7月の竣工を予定していたが、東日本大震災の影響で2012年1月中旬に竣工予定を延期した。

[広告]

 基幹となるテナントは、ファッションブランド「BEAMS」、インテリア雑貨店「Francfranc」、日用品・生活雑貨店「salut!」、東北初出店のコーヒーショップ「上島珈琲店」、紅茶・緑茶専門店「LUPICIA」。各店舗とも東二番丁通に面し、1~2階の2フロアで構成するメゾネットタイプとなっている。

 3~5階には、カットサロン「ビーハイブ・アヴェダ」、保険ショップ「保険市場」、パソコンスクール「ソフトキャンパス」のほか、審美歯科、クリニックなどの出店も予定する。

 同社では「仙台市における新たなランドマークとなり、地域の活性化を通じて復興の一助となることを目指す」としている。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?