食べる

仙台・国際センター駅に「カフェ モーツァルト」新店 コーヒースタンドスタイルで

国際センター駅2階でドリンクや軽食をテークアウト販売する「カフェ モーツァルト メトロ」

国際センター駅2階でドリンクや軽食をテークアウト販売する「カフェ モーツァルト メトロ」

  •  
  •  

 仙台市地下鉄・国際センター駅2階に「カフェ モーツァルト メトロ」(仙台市青葉区青葉山、TEL 022-266-6675)がオープンして1カ月がたった。

飲食に利用できる多目的スペース

 「カフェ モーツァルト」(一番町3)の姉妹店として3月12日にオープンした同店。「アトリエ」(米ヶ袋1)、宮城県美術館(川内元支倉)内のコーヒーショップ「パパゲーノ」とレストラン「フィガロ」、東北大学萩ホール(川内)内の「クレーズコーヒー」に続く6店舗目となる。

[広告]

 今回は駅という立地を踏まえ、短い時間でも気軽に利用できるようにと、カウンターでドリンクとフードを提供するコーヒースタンドスタイルを採用。ドリンクや軽食、スイーツをテークアウトで提供する。飲食には、多目的スペースに置かれたテーブルやチェア、ソファを利用できる。

 ドリンクは「モーツァルトブレンド」(350円)、「選べる日替わりドリップコーヒー」(400円~)、カフェラテ(450円)、アイスモカ(500円)などのコーヒーをはじめ、紅茶、ジュース(以上、各400円)、ビール(各500円)も取りそろえる。フード&スイーツは、日替わりサンドイッチ(500円)、牛肉のトマト煮込みペンネ(600円)、シュガードーナツ(250円)、スコーン(300円)、日替わりケーキ(450円~)など。

 客単価は350円~850円。平日は駅を利用する会社員やカフェ好きの若者、近隣に住む年配客など、休日は家族連れが多く利用している。

 善積俊介店長は「忙しい時も、ゆっくりしたい時も、お客さま一人一人の生活の一部として利用していただければ」と呼び掛ける。「コーヒー一杯で豊かな気持ちになってもらえれば」とも。

 営業時間は10時~18時。月曜定休(祝日の場合は翌日)。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?