3密を避けて新しい生活様式へ!

仙台で「コスプレ感謝祭」-コスプレイヤー180人が交流

「けいおん!」のコスプレイヤー4人組。左から梓、唯、澪、律。ムギは不在

「けいおん!」のコスプレイヤー4人組。左から梓、唯、澪、律。ムギは不在

  •  
  •  

 仙台市民会館(仙台市青葉区桜ケ丘公園、TEL 022-262-4721)で12月26日、「仙台コスプレ感謝祭」が開催された。主催はアニメ文化祭実行委員会。

「仙台コスプレ感謝祭」で見かけた「初音ミク」

 「同じ趣味を持つ人々の交流の場を提供したい」との思いから、県内の施設や屋外で2008年からコスプレイベントを実施している同団体。過去17回開き、回を重ねるごとに参加者を増やしている。手作りのセットを中心としたアットホームな雰囲気が特徴で、「商業的なものではなく、コスプレ初心者の方でも参加できるような、入り口を広げたイベントを心掛けている」と同実行委員会代表。

[広告]

 今回のイベントには、10代後半~20代前半を中心に約180人が参加。「マクロスF」「けいおん!」「黒執事」「テニスの王子様」「ハートキャッチプリキュア!」などのアニメキャラクターや「初音ミク」などのボーカロイドに扮(ふん)したコスプレイヤーが集まった。「戦国BASARA」や「サイボーグ009」など仙台・宮城ゆかりのキャラクターも。

 会場にはカラフルなスクリーンや教室、茶屋、和室などをイメージしたセットや小道具を用意。参加者たちはキャラクターになりきってのパフォーマンスや写真撮影を楽しみ、アニメ談義や衣装についての会話などレイヤー同士の交流を育んだ。

 同代表は「今年1年の締めくくりとして、良いイベントになったのでは。来年もさまざまなロケーションでのイベントを企画しているので、これから始めようと考えている方にも気軽にご参加いただければ」と話す。来年4月には海や歴史施設でのイベントを予定しているという。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home