食べる

仙台にイタリアン「リストランテ ダ・ルイジ」-仙台出身のシェフが夢かなえる

「リストランテ ダ・ルイジ」店内。真っ白なブドウの枝葉が天井を覆う

「リストランテ ダ・ルイジ」店内。真っ白なブドウの枝葉が天井を覆う

  •  
  •  

 仙台市青葉区の広瀬通沿いにイタリアンレストラン「Ristorante da LUIGI(リストランテ ダ・ルイジ)」(仙台市青葉区国分町1、TEL 022-263-7855)がオープンして1カ月以上が過ぎた。

「リストランテ ダ・ルイジ」外観

 約20年前に飲食の世界に入り、「20代は日本で修行し、30代でイタリアに渡り、40歳までに生まれ育った仙台で店を持ちたい」と考えていたオーナーシェフの廣瀬竜一さん。約7年間のイタリア修行を終えて昨年11月に帰国し、40歳になる今年、仙台で夢をかなえた。

[広告]

 店舗面積は23坪で、席数はテーブル20席。仙台のインテリアデザイナー・尾形欣一さんが手掛けた店内は、「料理の緊張感を表した」という白を基調にしたシンプルな空間で、店内外に施された「ブドウの葉」をイメージしたオブジェが印象的。「細かいお願いはせず尾形さんにお任せしたが、自分が想像していた通りの仕上がりだったので本当に驚いた」(廣瀬さん)。

 同店では、イタリア・トスカーナ料理を中心とする日替わりのコースメニューを提供。ディナーでは、食前酒、前菜盛り合わせ、2皿目の前菜、スープ、手打ちパスタやリゾットなど、ドルチェ、コーヒーまたは紅茶のコース(3,800円)と、肉料理か魚料理を加えたコース(5,500円)の2種類を提供。ランチコースも2種類(2,100円、3,150円)を用意する。

 メニュー例は、カンパチのマリネ、マッシュルームのカルパッチョ、マグロのグリル、シメジのリゾット、など。中でも店で打つ生パスタや白インゲン豆をメーンにアサリやカキなどの魚介類を合わせたスープ、「満腹の方でも最後まで召し上がっていただける」というドルチェなどが「好評」だという。

 客単価は、ランチ=2,500円、ディナー=6,000円。オープン後は客層の8割を女性が占め、誕生日や記念日など節目の利用が多いという。「お帰りの際に『おいしかった』と声を掛けていただけることが本当にうれしい」と廣瀬さん。「まだまだ紹介したい料理がたくさんあるので、イタリア料理という先入観をなるべく持たずに味わっていただければ」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時30分~21時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?