仙台の「GINZA TANAKA」に純金ひな人形-価格は1千万円

2体で約2キログラムの純金を使用した「純金製親王飾り」

2体で約2キログラムの純金を使用した「純金製親王飾り」

  • 0

  •  

 ひな祭りを前に、「GINZA TANAKA」仙台店(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-265-4130)で2月17日から「純金製親王飾り」の展示販売が行われている。

 同社では約20年前から純金製と純銀製のひな人形を販売。「保存の容易さや金そのものの魅力、近年の住宅事情などから人気を得ている」(店長の田代まゆみさん)という。

[広告]

 同商品は、昨年からオーダー販売を開始した2体組の純金製親王飾り。各1キログラムの純金を使用し、高さはお内裏さま=14センチ、おひなさま=10センチ。螺鈿(らでん)を施した漆塗りのびょうぶと展示用ガラスケースが付属する。「端正で気品のある表情が特徴。純金ならではの華やかさに、金工芸職人が手作りで仕上げた厳かさが加わっている」。

 価格は1,000万円。昨年の同時期に2,800円台(1グラムあたり)で推移していた金価格が3,300円台に高騰する中、「桃の節句というめでたいものなので」据え置いた。そのほか、「純銀製親王飾り」(100万円)、純金8グラムを商品した「親王飾り」(12万円)なども販売する。

 田代さんは「純金製ひな人形は資産価値のある商品なので、娘さんやお孫さんへの贈り物に最適。ぜひご覧いただき、堂々とした金の魅力を感じていただければ」と話す。

 営業時間は10時30分~19時30分。「純金製親王飾り」の展示は今月22日まで。

Stay at Home