食べる

宮城県図書館にカフェ&レストラン「PANORA」 「四季の台所」テーマに

床から天井まで一面ガラス張りで四季折々の風景が楽しめる店内

床から天井まで一面ガラス張りで四季折々の風景が楽しめる店内

  • 152

  •  

 カフェ&レストラン「PANORA kitchen of the seasons(パノラ キッチン・オブ・ザ・シーズンズ)」(仙台市泉区紫山1、TEL 022-341-8618)が8月26日、宮城県図書館西側1階の地形広場前にオープンした。

メイン1種、デリ2種、サラダ1種が選べる「週替わりDELISHランチプレート」

 運営は、イベントの企画・制作・運営などを手掛ける「ボーダーアクト」(青葉区国分町3)。県から「宮城県図書館食事提供施設等運営業務」の委託を受け新規事業として展開する。

[広告]

 コンセプトは「四季の台所」。店名の「PANORA」は、「PANORAMA(全景、広々とした眺め)」から取った造語。店舗面積は277平方メートル、席数はカウンター、テーブル、小上がり合わせて63席。店名の由来にもなった壁一面に天井まで続くガラス窓を生かした空間で、全ての家具・什器(じゅうき)・照明・食器などのプランニングを「イケア仙台」がサポートする。

 フードメニューは、都内や市内のイタリアンやフレンチレストランなどで腕を磨いた俵山陽介さんが監修する。「PANORA特製ハンバーガーセット」(880円)、「フレンチシェフが手掛けた季節のスパイスカレー」(980円)、「殻付き貝とベーコンの冷製クリームスープパスタ」(1,080円)、「洋食屋さんの粗びきハンバーグ」(1,200円、以上11時30分~)などを提供する。デザートは「AURO WHITEシフォンケーキ(420円)、「AURO BLACKガトーショコラ」(520円)、「AURO BLACKチョコバナナトースト(650円)などを用意する。

 「日替わりサンドウィッチ」(数量限定、380円)や「PANORAモーニングプレート」(680円)などのモーニングメニュー(9時~11時30分)、「週替わりDELISHランチプレート」(数量限定、980円)などのランチタイムメニュー(11時30分~14時)も用意する。

 ドリンクは、国内外のロースターが焙煎(ばいせん)するコーヒーを月替わりでセレクトするスペシャルティコーヒー(600円前後)、ラテ(450円)、エスプレッソ(300円)をはじめ、紅茶やチョコレートドリンク、アイスクリームフロート、ジュースなどを提供する(価格は全て税別)。ドリンクや一部フードはテークアウトにも対応する。

 想定客単価は1,000~2,000円。初日から図書館利用者や近隣住民、小さな子どもを連れた女性やモーニング利用の男性、カップル、年配客など幅広い層が来店している。同社広報担当の中澤大祐さんは「図書館利用の皆さまに加え、地元の皆さまにのんびりゆっくりお過ごしいただきたい。一流シェフ監修の料理を舌で、四季折々の美しい自然の景色を目で楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は9時~19時。新型コロナウイルス感染防止対策として、スタッフの体調管理・検温、マスク着用、うがい・手洗いの徹底、定期的な換気や店内消毒を行う。スマートフォンアプリ「O:der」を使った事前オーダーや決済にも対応。利用者へは手指消毒や検温の協力を呼び掛ける。

Stay at Home