食べる

塩釜にカフェ「andMore」 「令和的純喫茶」コンセプトに夫婦で切り盛り

「新旧の融合でどの世代の方でも気負わず、ゆったり過ごしていただけるよう心掛けている」(拓美さん)というandMoreの店内

「新旧の融合でどの世代の方でも気負わず、ゆったり過ごしていただけるよう心掛けている」(拓美さん)というandMoreの店内

  •  
  •  

 JR本塩釜駅前にカフェ「コーヒーとおやつの店 andMore(アンドモア)」(塩釜市、TEL 090-2882-1249)がオープンして3カ月がたった。

バナナケーキと藻塩ロールケーキ、カフェラテ

 對馬拓美さん、あさ美さん夫婦が営む。「2人でカフェを開くことを目標に、私はコーヒーを、妻はお菓子をと、意識を持ってカフェで働いていた」と拓美さん。今年の初め、塩釜神社へ初詣に出掛けた帰りに本町商店街を散策していた時、現在の物件に出合い、「一目ぼれし、ここで店をやりたいと思った」という。

[広告]

 店舗面積は約50平方メートル。席数はカウンター・テーブル合わせて17席。築85年の木造の建物をリノベーションした店舗のコンセプトは「令和的純喫茶」。拓美さんは「物件の外観がすてきだったので、そのイメージを壊さない内装に仕上げた。天井をあらわにし梁(はり)を見せることで物件の歴史が感じられるようにし、家具もビンテージでそろえ、緑を置き、まぶしくない明るさの照明にすることでリラックスしてもらえるようにした」と話す。

 コーヒーはスペシャルティーコーヒー豆を使い、ブレンドホット(450円)、ブレンドアイス(500円)、シングルオリジン(520円)、カフェラテ、ソイラテ(以上530円)などを提供。紅茶やソーダもそろえる。

 あさ美さんが「食べた時に優しい気持ちになれるように」との思いを込めて作る「おやつ」は、「藻塩ロールケーキ」(330円)、「チーズケーキ」「ガトーショコラ」(以上460円)、「バナナケーキ」(480円)、「キャロットケーキ」(510円)などのケーキ5~6種類をはじめ、アイスクリーム、ドーナツなどを用意する。

 ランチタイムには現在、魚介ベースのスープで炊いたサフランライスに「ふわとろ」に仕上げた卵をのせた「オムライス」、厚切り食パンにホワイトソースとベーコン・トマトとチーズをのせて焼いた「クロックムッシュ」、パイ生地を使った「キッシュ」(サラダ、ドリンク付きセット=各950円、単品注文も可)を提供している。

 客単価は1,300円。30~50代の女性を中心に平日は近隣住民、休日は仙台など市外からの来店がある。男性客も含めリピーターが多く、「『塩釜にすてきなお店を作ってくれてありがとう』と言われた時はうれしかった」と拓美さん。「気軽におやつとコーヒーを味わいに来ていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時。

SmartNews Awards 2019

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?