食べる

仙台・東一市場に豆乳スタンド 秋保の老舗豆腐店の豆乳使ったドリンク提供

豆乳を薦めるスタッフ

豆乳を薦めるスタッフ

  • 38

  •  

 仙台市太白区秋保町の老舗豆腐店「太田とうふ店」の豆乳をテークアウト販売する「豆乳スタンド YORI SOY(ヨリソイ)」(青葉区一番町4、TEL 070-8534-6230)が東一市場内にオープンして2カ月がたつ。

プレミアム濃厚豆乳ストレート

[広告]

 昨年11月22日にオープンした同店。太田とうふ店が作る宮城県産大豆ミヤギシロメを100%使った豆乳をメインに、豆乳を使ったドリンクやポタージュ、グラノーラなどを販売する。プロジェクトマネジャーの花澤圭介さんは「健康に対する意識の高まりがあり、コロナ禍によって体調に気を使う人がさらに増えていく中、タンパク質豊富で体にも良い濃厚な豆乳をもっと気軽に飲んでほしいという思いから立ち上げた」と話す。

 花澤さんの一推しは「プレミアム濃厚豆乳ストレート」(Sサイズ=430円、Lサイズ=500円)。「昔ながらの製法で丁寧に絞り、豆のくさみやえぐみが少なく、濃厚な豆腐をそのまま飲んでいるようなうま味が豊富な豆乳」といい、店頭で試飲も提供する。トッピングに、きな粉や黒糖(以上、S=50円増し、M=80円増し)、国産米100%甘酒(S=100円増し、M=130円増し)などを用意する。

 ソイラテ、ソイ抹茶(以上、S=550円、M=630円)、ソイミルクティー(S=600円、M=680円)、冬季限定のホットドリンク「プレミアム豆乳ココア」「ジンジャー豆乳」「黒ごま豆乳ラテ」(以上600円)、「大豆ごろごろ豆乳ポタージュ」(630円)、「黒ごま豆乳しるこ」(650円)も提供する。「濃厚な豆乳はそのまま温めると湯葉ができてしまうが、当店では独自の温め方で風味を変えず熱々の豆乳を楽しんでもらえる」と花澤さん。

 濃厚豆乳で食べる「大豆グラノーラ」「オーツ麦&ドライフルーツ」(以上650円)、「オーガニックコーンフレーク」「オーガニックブランチップ(無加糖)」(以上700円)、ミニサイズの三角揚げを串に差した「ちいさな三角揚げ串」(かつおだししょうゆ・仙台みそ田楽、各230円)も用意。太田とうふ店の名物「竹豆腐」(600円)をはじめ、「ミヤギシロメのおから」(220円)、「吟醸おぼろ」(380円)、「元祖三角油揚げ」(2枚入り、440円)、「青ばたおぼろ」(450円)も販売する。

 客単価は700円台。「健康のために豆乳を毎日飲んでいるという方も多く来店しているが、豆乳を飲む習慣はなかった方のリピート購入、職場や家庭での口コミ経由で来店する方も増えており、豆乳を飲む方の輪が少しずつ大きくなっていることを感じている」と花澤さん。「太田とうふ店の商品も常時買えるので、日々の食卓やお土産に活用してもらえれば」と話す。

 営業時間は9時30分~18時(日曜は16時30分まで)。水曜定休。3月末までの期間限定出店を予定しているが、常設店化も検討しているという。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース