食べる

仙台・一番町に宇都宮発ギョーザ専門店「餃天堂」 出店20年で栃木県外初出店

店内カウンター席

店内カウンター席

  • 58

  •  

 ギョーザ専門店「餃天堂(ぎょうてんどう)」仙台一番町店(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-399-9391)がぶらんど~む一番町商店街の路地にオープンして1カ月がたった。

焼餃子

[広告]

 宇都宮と仙台を拠点に東日本エリアで飲食業を展開する「BLOOM(ブルーム)」(泉区高森4)が運営する「餃天堂」。2002(平成14)年12月に「ギョーザの街」栃木県宇都宮市で誕生し、昨年10月に2号店となるシンボルロード店(宇都宮市)を出店した。「特徴のあるギョーザのため多店舗化が難しく、長く試行錯誤しやっと増産にめどがついたため出店できた」と同社担当者。3店舗目として県外初となる仙台一番町店を12月15日にオープンした。店舗面積は約20坪。席数は21席。

 同店のギョーザはモチモチした食感の皮と、肉汁をふんだんに閉じ込めたあんが特徴で、ニンニクは不使用。「焼(やき)餃子(ギョーザ)」と「水餃子」(以上、5個440円)の2種類を提供する。「焼きギョーザはマヨネーズと一味唐辛子を付けて食べるのがお勧め。水ギョーザはゆで汁と共に器に入れて提供しているので、酢、しょうゆ、ラー油を入れてスープのようにして食べてもらえれば。ギョーザを割ると肉汁が流れ出しスープにうま味が広がる」と担当者。「餃天堂セット(焼餃子5個、水餃子3個)」(700円)やテークアウト用の「もちっと焼餃子(5個)」(460円、容器代込み)も用意する。

 「サラダ風メンマ」(290円)、「低温レバーの葱(ねぎ)ごま油」(390円)、「よだれ鶏」「海老(えび)マヨ」「タルタル油淋鶏(ユーリンチー)」(以上490円)など中華料理のつまみもそろえる。ドリンクは、ソフトドリンク(250円)、ハイボール、ウイスキー(380円~)、焼酎(400円)、サワー(450円)、果実酒(480円)、生ビール(550円)、日本酒(880円)を提供する。

 店の外には自動販売機を設置し、冷凍ギョーザ2種類「もちっと餃子(焼餃子12個)」「もちっと餃子(水餃子12個)」(以上1,080円)を24時間販売する。

 客単価は1,000~2,200円。平日は近隣のオフィスワーカー、休日は家族連れや買い物帰りの客が多く利用しているという。

 営業時間は、昼=11時~15時、夜=17時~23時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース