暮らす・働く

宮城県が地域の魅力伝える動画配信 第1弾は荒川静香さんが利府町を紹介

動画で利府町を紹介する荒川静香さん(写真提供=宮城県)

動画で利府町を紹介する荒川静香さん(写真提供=宮城県)

  • 33

  •  

 宮城県が8月23日、県の魅力を発信するプロジェクト「みやぎ12人の侍゜ズ(サプライズ)」を始めた。

第1弾の動画で登場する「利府梨を使った焼肉のたれ」

[広告]

 7カ月間にわたり、動画やオンラインイベントを通して観光、食など県の魅力や復興の様子を発信し、移住促進につなげる取り組みの一環。

 県ホームページ内に特設サイトを開設し、さまざまな分野から宮城ゆかりの人物12人が観光スポットや特産物など県の魅力を紹介する。動画内のゲストに直接話を聞くこともできる「オンライン塾」の不定期開催も予定する。

 23日に公開した動画第1弾では、プロフィギュアスケーターの荒川静香さんが「郷土愛の侍」として、青春時代を過ごした利府町の魅力を伝える。荒川さんは「利府町は帰るとほっとする場所。深呼吸してリラックスして次の日からの活力になる」と話す。

 県では今後、「ほやほや学会」会長の田山圭子さん、「楽・食・健・美 -KUROMORI-」オーナーで料理人の黒森洋司さん、「南三陸ワイナリー」社長の佐々木道彦さんなど、毎月2、3人による動画配信を予定している。

 2022年3月末まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース