見る・遊ぶ

仙台に「ラプラス」マンホール 観光キャンペーンに合わせ、仙台七夕モチーフに

サンモール一番町商店街に設置された「ラプラス」デザインマンホール

サンモール一番町商店街に設置された「ラプラス」デザインマンホール

  •  
  •  

 人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクター「ラプラス」がデザインされたマンホールが10月15日、仙台市内に設置された。

「ラプラスマンホール」そばにあるポケストップ

 宮城県ではラプラスを「みやぎ応援ポケモン」に起用し、10月から観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」を展開。村井嘉浩県知事は「ゲームやアニメなどを通して世界中のあらゆる世代に愛されているポケモンが適任であったため、(株式会社)ポケモンさまに相談したところ、東日本大震災の復興支援の観点から理解いただき、全面協力の下実現した」と話す。プレ企画として7月から、ラプラスの姿をかたどったフロート(水上遊具)と足こぎボートを県内の施設に用意した。

[広告]

 キャンペーンの一環として企画したラプラスマンホール。気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市、東松島市、松島町、塩釜市、利府町、七ヶ浜町、多賀城市、名取市、岩沼市、亘理町、山元町の沿岸14市町と仙台市に、ラプラスと市町それぞれの特色をデザインしたデザインマンホールを設置する。仙台市のマンホールには、ラプラスと七夕をモチーフにした「ねがいごとポケモン」の「ジラーチ」と仙台七夕まつりの竹飾りや吹き流しがデザインされている。設置場所はサンモール一番町商店街の壱弐参(いろは)横丁近く。

 観光キャンペーンではガイドブックやポスター、PR動画を用意するほか、家族旅行プランの販売、県特産品とのコラボグッズ販売、宮城オルレとの連携も行う。スマートフォンゲーム「ポケモン GO」でラプラスに県内で出会いやすくなるイベントも展開(11月4日まで)。県内全スキー場にラプラスのスノーチュービングも用意する。

 キャンペーンは来年3月31日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?