食べる

仙台・名掛丁に東北初「タコとハイボール」 ふわとろ&ふわたまのたこ焼き提供

「タコとハイボール名掛丁店」カウンター席。ちょい飲み客のほかソフトドリンクでたこ焼きを楽しむ学生なども

「タコとハイボール名掛丁店」カウンター席。ちょい飲み客のほかソフトドリンクでたこ焼きを楽しむ学生なども

  •  

 たこ焼きとハイボールをメインにした「ちょい飲み」居酒屋「タコとハイボール名掛丁店」(仙台市青葉区中央1、TEL 080-4957-5475)が12月19日、仙台駅前のハピナ名掛丁商店街にオープンした。

定番と「ふわたま」を盛り合わせた「ザクザクねぎマヨ&ふわたまチーズ」

 「タコとハイボール」は総合アミューズメント事業を展開するベガスベガス(東京都中央区)が運営し、北海道札幌市に「札幌狸小路本店」「札幌狸小路2丁目店」を展開。若者や年配客、ビジネスマンや外国人観光客など幅広い層に支持されている。名掛丁店は道外初、東北初出店となる。店舗面積は12坪、席数はカウンター・テーブル合わせて26席。

[広告]

 北海道産小麦を使い生地の調合を工夫して「ふわとろ」な食感に仕上げた定番のたこ焼きと、それにふわふわの卵をのせた「ふわたま」たこ焼きを提供する。定番は「かつお香り!こくうまソース」(4個350円、8個500円)、「ピリ辛 たぬきたこ焼き」「ザクザクねぎマヨ こくうまソース」(以上、同400円、同600円)など5種類。「ふわたま」メニューは「ふわたまチーズ」「ふわたまネギマヨ」「ふわたま明太マヨ」(以上、同450円、同700円)の3種類をラインアップする。

 定番と「ふわたま」を盛り合わせた「ザクザクねぎマヨ&ふわたまチーズ」(8個700円)やランチメニューも用意。「定番」の8個入りはテークアウトにも対応する。

 「タコ九条ねぎゆずポン酢」(580円)、「サッポロジンギスカン」(600円)、道産小麦の太麺を使いジンギスカン肉やジャガイモを入れた「サッポロやきそば」(700円)などの鉄板メニューや、「タコのアヒージョ」「名物酢だこ」「タコさんウインナー」「やみつきキャベツ」(以上300円)などつまみも取りそろえる。

 ドリンクは、「角ハイボール」「ビームハイボール」(以上380円)と、コーラハイボール、ジンジャーハイボール、梅ハイボール、ゆずハイボール(以上450円、角・ビーム両方を用意)などのハイボールメニューのほか、ビール(500円)、サワー(各420円)、ソフトドリンク(300円)など(価格は全て税別)。

 客単価は1,500~2,000円。サラリーマンや年配客、カップルや親子連れ、高校生や大学生など、アルコールを飲まない層も来店しにぎわいを見せ、店の前にはテークアウト待ちの客の姿も見られる。担当者は「焼きたて熱々でふわとろな、今までにない新食感のたこ焼きを味わっていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?