見る・遊ぶ

仙台うみの杜水族館に新エリア アマゾンの環境再現、生き物の息遣い感じる距離で

立体的な演出を施し、ジャングルの水辺で生き物に出会うような臨場感をつくり出した新エリア

立体的な演出を施し、ジャングルの水辺で生き物に出会うような臨場感をつくり出した新エリア

  •  

 仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区中野4、TEL 022-355-2222)は10月13日、2階「世界のうみ」のアメリカコーナーをリニューアルし、新体験エリア「The Amazon Life ~水辺の生きものたち~」をオープンした。

手を伸ばせば届きそうな至近距離のグリーンイグアナ

 開業4年目を迎えた同館では、美しさ・環境と生態・行動・エンターテインメント・季節感など、これまで以上に見せ方にこだわった展示を行う「魅せる水族館」プロジェクトを展開。取り組みの一環として今回のリニューアルを行った。

[広告]

 「水槽を飛び出した行動展示や、生き物の生活環境を再現するなど、見せる展示にとことんこだわった」という同エリア。天窓から差し込む自然光を生かし、木々の間から木漏れ日が差すような空間演出と川や鳥、虫の音の演出を加え、アマゾンの生活環境を再現。空間を立体的に演出し、ジャングルの水辺で生き物に出会うような臨場感をつくり出した。

 新たに亜熱帯地域に生息するアカハナグマとグリーンイグアナも仲間入り。木登りが得意なアカハナグマに合わせ、アマゾン川の魚たちが泳ぐ水槽上部には多数の木を配置したほか、観覧エリアの頭上にはつり橋を架ける。グリーンイグアナは展示エリアの仕切りを極力なくし、手を伸ばせば届きそうな臨場感にこだわる。

 今後は、「アカハナグマのお散歩タイム」や、来館者が直接餌やり体験ができる「ハンドフィード」も実施予定。既存のアマゾン川水槽にもシルバーアロワナやナマズの仲間を新たに搬入し、魅力アップを図るという。

 和田淳太副館長は「生き物たちの息遣いが感じられる距離感での展示を目指した。生き物たちが慣れてきたら近い距離で見ることができるので、お楽しみいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は9時~18時30分(11月5日からは17時30分まで、最終入場は閉館30分前)。入館料は大人2,100円ほか。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?