食べる

仙台に「大人の駄菓子屋」うたう居酒屋 昭和と令和融合、サワーをメインに

昭和のスナックやクラブと令和の雰囲気をミックスさせた酒場をイメージしたという店内

昭和のスナックやクラブと令和の雰囲気をミックスさせた酒場をイメージしたという店内

  • 31

  •  

 「大人の駄菓子屋」をコンセプトにした居酒屋「お先に失礼!サワーにドロン」(仙台市青葉区中央2、TEL 022-738-7107)が5月12日、広瀬通沿いにオープンした。

常時30種類の割り材を冷やすカウンターの「どぶ漬け」

 運営は、「本格酒処(さけどころ) シマウマ酒店」(一番町4)や「炭焼きジュッコ シマウマ酒店」「串焼きスタンド レモンハイ」(以上、中央4)など、市内を中心に飲食店7店を展開する「サティスファクション」(本町2)。「居酒屋であり、酒場であり、しゃべり場であり、人が集う新たな場所」をテーマにした新業態で、同社ディレクターの沼舘幸司さんは「人情味あふれる大阪の文化に引かれ、昭和ノスタルジーと令和の新しい文化をミックスさせた。駄菓子屋に小銭を握りしめて行ったノスタルジーを当店で感じてもらいたい」と話す。

[広告]

 店舗面積は約25坪。席数はカウンター、テーブル合わせて約40席。昭和のスナックやクラブと令和の雰囲気をミックスさせた酒場をイメージしたという店内には、ネオンやフィギュアなど、昭和を感じさせるアイテムをディスプレー。店のロゴにも使われている「サワダさん」など、オリジナルキャラクターも各所にちりばめる。

 ドリンクのメインは店名にもあるサワー。カウンターのどぶ漬け(アイスボックス)にある約30種類の中から割り材を選び、自分の好みの割合で割って飲む「サワダさんの自己中サワー」(焼酎=200円~、割り材=180円~)をはじめ、客の目の前でシャリシャリしたレモン氷をふんだんにかける「名物 シャリシャリレモン氷のレモンサワー」(550円)、「窓ぎわ(小コップ)」から「社長(大ジョッキ)」「お殿様(特大さかづき)」「ゆーじろう(ブランデーグラス)」まで7サイズを楽しめる「大人の階級出世レモンサワー」(180円~1,980円)などを用意する。そのほか、ビール、ハイボール、ブランデー、焼酎、日本酒、ワイン、果実酒、カクテル、ソフトドリンクもそろえる。

 フードは、「屋台的な静岡おでん」(1本100円~)や「2度漬けダメよ!私の愛した天プラ串」(1本120円~)、「鉄板ホルモン串」(1本180円~)など、「大人の駄菓子屋らしく1人1本を楽しむ」をテーマにした料理を提供。「タコさんカニさん赤ウィンナー」(350円)、「つかめ!エダマメくん」「EverydayHappy!なケーキのポテサラ」「納豆コールスロー」(以上480円)、「華麗(curry)なるモツ煮」(中辛・大辛、各580円)、「喫茶店なナポリタン」(680円)、「おさしみ・ア・ラ・モード(盛り合わせ)」(1人前780円)など、揚げ物や野菜、魚、つまみ、ご飯もの、デザートなど、「昭和ノスタルジー」をテーマにしたメニューも用意する。

 客単価は2,800円。20代前半~40代の女性をメインターゲットに据える。沼館さんは「コロナという未曽有の状況の中、お客さまが集う場所として思い浮かべてもらえるよう努力したい」と意気込む。

 営業時間は17時~翌1時(現在は時短営業中で14時~20時)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース