3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

一番町四丁目商店街にちょい飲み居酒屋「タコとハイボール」 仙台市内2号店

店内1階。手前にカウンター席、奥にテーブル席がある

店内1階。手前にカウンター席、奥にテーブル席がある

  •  
  •  

 たこ焼きとハイボールをメインにした「ちょい飲み」居酒屋「タコとハイボール一番町店」(仙台市青葉区一番町4、TEL 080-4794-6503)が5月15日、一番町四丁目商店街にオープンした。

たこ焼きの「2色合盛り」と「やみつき特濃サッポロ焼きそば」

 運営は総合アミューズメント事業を展開するベガスベガス(東京都中央区)。2018(平成30)年12月にオープンした名掛丁店(仙台市青葉区中央1、TEL 080-4957-5475)に続く、仙台2店目として出店した。店舗面積は、1階=約18坪、2階=約17坪。席数は、1階=32席、2階=20席。

[広告]

 北海道産小麦を使い生地の調合を工夫して「ふわとろ」な食感に仕上げた定番のたこ焼きと、ふわふわに仕上げた卵をのせた「ふわたま」たこ焼きを提供する。定番は「こくうまソース」(4個360円、8個510円)、「九条ねぎマヨ」「九条ねぎ塩ダレ」「明太(めんたい)マヨ」「ピリ辛たぬき」(以上、同410円、同620円)の5種類。「ふわたま」は「ふわたまチーズ」「ふわたま明太(めんたい)マヨ」「ふわたま九条ねぎ」(以上、同460円、同720円)の3種類。定番の8個入りはテークアウトにも対応する。

 定番と「ふわたま」を盛り合わせた「2色合盛り(九条ねぎマヨ・ふわたまチーズ)」(8個720円)、「3色合盛り(九条ねぎマヨ・明太マヨ・ピリ辛たぬき)」(12個1,120円)も用意する。

 そのほか、「名物酢だこ」(310円)、「タコ焼きdeピザ」(500円)、「アボカドとトマトチーズ」(580円)、「タコ九条ねぎゆずポン酢」(600円)、「特濃ジンギスカン」(620円)、「やみつき特濃サッポロ焼きそば」(720円)などの一品料理やつまみ、一番町店限定の「まめだこの姿焼き」(400円)や「ふんわり牛すじオムレツ」(500円)も提供する。

 ドリンクは、角ハイボール、ジムビームハイボール(以上380円~)と、コーラハイボール、ジンジャーハイボール、梅ハイボール、ゆずハイボール(以上460円)などのハイボールメニューのほか、ビール(520円)、サワー(各430円)、ソフトドリンク(300円)などを用意する。

 客単価は1,300円~1,800円。30~40代の会社員、一番町四丁目商店街の買い物客などをターゲットに据える。店長の小松文弘さんは「名掛丁店を利用いただいたことのある方もない方も、焼きたて熱々でふわとろなたこ焼きを味わっていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。新型コロナウイルス対策として店内のアルコール消毒と席の間引きを行っている。

Stay at Home