食べる

サンド富澤さんの一言で誕生「コペリタン」、人気受け「ハチ」各店で販売へ

コペリタンをアピールする「カフェ&ダイニング HACHI 長町店」スタッフの本田貴大さん

コペリタンをアピールする「カフェ&ダイニング HACHI 長町店」スタッフの本田貴大さん

  • 65

  •  

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしさんの一声をきっかけに誕生し、仙台駅の新しい名物として人気を集めている「コペリタン」が4月から、洋食店「HACHI(ハチ)」各店でも販売されている。

作りたてで店頭に並ぶコペリタン

 太さ2.2ミリのモチモチ太麺が特徴で2013(平成25)年に「ナポリタンスタジアム」でグランプリを獲得した「日本一」のナポリタンと、デミグラスソースで味付けした一口サイズのハンバーグ「ハチボール」をコッペパンで挟んだ同商品。富澤さんがテレビ番組で、ハチの「ハンバーグのせナポリタン」をアレンジコッペパンの具材として紹介。富澤さんの「ハチでメニューにしてくれればいいのに」という一言を受け、ナポリタン&ハンバーグ店「レストランハチ 仙台駅店」がテークアウト限定商品として昨年12月に販売を始めた。

[広告]

 現在では平日・休日問わず約300個を売り上げるほどの人気商品になっている。購入者からは、「ハチのおいしいところ全部のせ」「高校時代に出合っていたら2個食べられた」「仙台の新しいソウルフードになるのでは」などの声が寄せられているという。

 メディアでの紹介やSNSでの拡散を受け、仙台駅以外の店舗にも問い合わせが増えたことから、ハチ各店での販売に踏み切った。「今後は、ナポリタンに続く人気メニューの『ジャポリタン』(和風ナポリタン)で作るコペリタンや、ハンバーグではなく目玉焼きやチーズなどのトッピングなどバリエーションを増やしていきたい」とハチを経営するオールスパイス(仙台市上杉1)の角田秀晴社長。

 「自分が食べる分というより、誰かに買っていくというケースが多いことにスタッフ一同やりがいを感じている。テークアウトしておうちで食事を楽しむ時、コペリタンが食卓に並ぶと会話も弾むよう。コロナ禍でイートインの機会が減ったが、おうちでもハチの味を楽しんでいただければ」と話す。

 価格は1個380円。取扱店舗は、「ナポリタン&ハンバーグ レストランハチ 仙台駅店」「カフェ&ダイニング HACHI 長町店」「レストランデリバリー HACHI 春日町店」「ハンバーグ専門 HACHI 名取本店」「秋保温泉 ナポリタン&カフェ 秋保Cafe HACHI」「閖上港食堂 HACHI」。いずれもテークアウト限定。仙台駅店と長町店以外では現在、平日のみ販売。販売時間は店により異なる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース