学ぶ・知る

「一ノ蔵無鑑査に合うおつまみ」SNSで募集 リブランディングに合わせ企画

「一ノ蔵無鑑査」とおつまみの例。フキノトウの天ぷらにばっけみそ(ふきみそ)を添えて

「一ノ蔵無鑑査」とおつまみの例。フキノトウの天ぷらにばっけみそ(ふきみそ)を添えて

  • 159

  •  

 大崎市の酒造会社「一ノ蔵」が現在、主力商品「一ノ蔵無鑑査本醸造シリーズ」に合う「おつまみ」の投稿をSNS上で募集している。

一ノ蔵無鑑査本醸造300ミリリットル(辛口、甘口、超辛口)3本セット

 1977年(昭和52年)の発売開始から44年となる今年、「OLD but NEW~つなぐをつくる」をテーマにリブランディングし、2月にラベルデザインを一新した「一ノ蔵無鑑査本醸造シリーズ」。現在、膨らみのある穏やかな味わいとすっきりした後味が調和した「辛口」(精米歩合=65%、アルコール分=15度、日本酒度=プラス4~6)、柔らかで落ち着いた香りと爽やかでさらりとした喉越しの「甘口」(同=65%、同=15度、同=マイナス5~3)、締まりのある辛さと味わいが調和し喉越しのキレが良い「超辛口」(同=65%、同=15度、同=プラス9~10)の3種類を販売している。

[広告]

 シリーズ販売促進の一環として今回、「一ノ蔵無鑑査に合うおつまみ大募集キャンペーン」を企画。同社マーケティング室担当者は「無鑑査シリーズと合わせて、おいしいおつまみや、あっと驚く意外な組み合わせをみんなで共有し合って、一ノ蔵無鑑査をもっとおいしく楽しもうという目的で企画した」と話す。

 お薦めのつまみと一ノ蔵無鑑査を一緒に撮影した画像に、ハッシュタグ「#無鑑査とおつまみ」を付けて、自身のインスタグラムまたはツイッターに投稿。投稿したURLを「無鑑査公式インスタグラム」または「無鑑査公式ツイッター」にダイレクトメールで知らせると応募完了となる。1人何回でも投稿できる。20歳以上が対象。

 応募者の中から「いいね!」の数が多かったランキング上位10人(インスタグラム5人、ツイッター5人)には、「いいねがたくさん賞」として「一ノ蔵無鑑査本醸造300ミリリットル(辛口、甘口、超辛口)3本セット」を進呈。応募されたつまみの中から同社スタッフが3品(3人)を選び、「一ノ蔵セレクト賞」として「一ノ蔵無鑑査本醸造1.8リットル(辛口、甘口、超辛口)3本セット」を進呈する。「いいね!」の多かったつまみやスタッフが選んだつまみは、事務局で再現してブランドサイトで紹介するという。

 4月1日の開始から現在までに15件ほどの応募があるという。担当者は「試したことがなかった意外な組み合わせや、無鑑査をよりおいしく楽しめる発見につながることを期待している。奮って参加いただければ」と呼び掛ける。

 応募期間は6月30日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース