暮らす・働く

JR東日本、IC入場サービス「タッチでエキナカ」3月開始へ 仙台圏各駅でも

スイカやイクスカなどの交通系ICカードで同一駅の入出場が可能となる(写真はイメージ)

スイカやイクスカなどの交通系ICカードで同一駅の入出場が可能となる(写真はイメージ)

  • 33

  •  

 JR東日本が1月19日、「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードを切符の入場券のように利用できるIC入場サービス「タッチでエキナカ」を3月13日に始めると発表した。

利用イメージ

 在来線の駅構内に入場する際に交通系ICカードが利用できるようになる。同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場した場合に適用され、料金は出場時に入金(チャージ)残額から自動精算。エキナカ施設での買い物や食事、コインロッカー利用、送迎や通り抜けなどの目的を想定する。

[広告]

 サービス対象箇所は、JR東日本Suicaエリア(首都圏・仙台圏・新潟圏)の同社各駅在来線改札内。在来線自動改札機(ゲート型)のみで利用でき、簡易改札機や新幹線改札機では利用できない。料金は切符の入場券と同額で、電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円。

 対象となる交通系ICカードは、「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca」「ICOCA」などのほか、仙台エリアでは「icsca(イクスカ)」も利用できる。「モバイル Suica」や「Apple Pay」のSuica、他社アプリで発行されたSuicaやモバイルサービスのPASMOも利用できる。