学ぶ・知る

仙経年間PV1位は「ウーバーイーツ」 パン関連の記事が上位10本の半数

4月にサービス開始した「ウーバーイーツ」。9月には仙台での注文結果に基づく人気店を発表し、「ラーメンビリープラス 駅前店」(仙台市青葉区中央2)が1位だった

4月にサービス開始した「ウーバーイーツ」。9月には仙台での注文結果に基づく人気店を発表し、「ラーメンビリープラス 駅前店」(仙台市青葉区中央2)が1位だった

  • 144

  •  

 仙台経済新聞の2020年年間PV(ページビュー)ランキングは、東北初の「ウーバーイーツ」サービス開始を報じた記事が1位となった。昨年1位だった高級食パン店「考えた人すごいわ」の新店の記事が2位につけ、「パン」絡みの記事が10位までの半分を占めた。

2位の「考えた人すごいわ ブレッドパーク名取店」

 ランキングは今年1月1日から12月11日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10本は以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 仙台で「ウーバーイーツ」サービス開始へ 東北初、140店超がパートナー登録(3/26)
2. 名取に高級食パン店「考えた人すごいわ」 初のカフェ併設、サンドイッチも(7/16)
3. ディスカウントスーパー「オーケー」一番町店、59年の歴史に幕 宮城から消滅へ(5/26)
4. 長町南に高級食パン専門店「麦ノ蔵」 元同僚の男性2人が2年かけレシピ開発(1/20)
5. 仙台・長町に「よつばベーカリー」 夫婦で「家族に食べてもらいたい」パン販売(9/19)

6. 仙台・宮城の小規模施設で宿泊費半額 県がキャンペーン、「Go To」併用も(9/15)
7. 仙台に焦がしシュークリーム「ベイクドマジック」東北初出店 整理券制を導入(6/26)
8. 「本当に住みやすい街」1位に荒井駅 住宅専門家「大きく化ける可能性」評価(8/26)
9. 仙台駅東口に生食パン店「ラ・パン」 1日500本完売続く、予約販売も開始へ(9/1)
10. 三井アウトレットパーク仙台港で「とうほくパンフェス」 4県50店が日替わり出店(11/2)

 4月2日に仙台でサービスを始めたウーバーイーツ。開始時は140店以上がレストランパ-トナーとして登録していたが、700店以上まで増えた。オフィスや自宅でのランチ利用を中心におやつ需要も増え、ファミリー層による利用も拡大。感染症予防で対面を避ける傾向もあり、商品を玄関先に置くことを指定する「置き配機能」の利用が高いという。担当者は「多くのお客さまに利用いただき大変感謝している。料理に限らずコンビニエンスストアからの配達も対象となり、サービスやラインナップも拡充しているので引き続き利用いただければ」と話す。

 2位の「考えた人すごいわ」はベーカリープロデューサーの岸本拓也さんがプロデュースし、東北を中心に飲食店を経営するオーネスティグループ(埼玉県所沢市)が展開する食パン専門店。昨年、東北初出店の記事が1位となった。県内2号店のブレッドパーク名取店は初のカフェ併設店で、看板商品の食パンを使ったサンドイッチやホットサンドも好評。現在も1日平均400~500人程度の来店があり、天然芝生と子ども用遊具があることから家族連れも多いという。担当者は「ご家族でおいしいパンを食べて、カフェスペースや庭でくつろいでいただけたらとの思いで開店したが、本当に多くのお客さまに喜んでいただきうれしく思っている。スタッフ一同おいしい食パンをこれからも真剣に作っていくので、新型コロナで大変な時期だが少しでも元気になっていただけたら」と話す

 以下、4位に長町南の高級食パン店「麦ノ蔵」、5位に天然酵母と国産小麦のパンやシフォンケーキを販売する「よつばベーカリー」の長町店、9位に元楽天イーグルス投手の長谷部康平さんが店長を務める仙台駅東口の生食パン専門店「ラ・パン」、10位に東北各地の人気ベーカリーを一堂に集めた人気イベント「とうほくパンフェス」と、パン関連の記事がランクイン。さらに12位に高級食パン店「銀座に志かわ」の宮城初出店、15位にホシヤマインターナショナル(青葉区一番町)がパンと焼き菓子をメインに提供する「ザ モスト ベイク ショップ」が入った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で飲食店の苦境が続き閉店の知らせも相次ぐ中、7位の焦がしシュークリーム店「ベイクドマジック」を含めデリバリーサービスとテークアウト主体の業態が上位を占める結果となった。