暮らす・働く

気仙沼市が「ホヤぼーやエコバッグ」総選挙 市民のアイデアつなぎ商品化へ

気仙沼市役所ワン・テン庁舎での展示の様子

気仙沼市役所ワン・テン庁舎での展示の様子

  • 62

  •  

 気仙沼市が現在、市の観光キャラクター「海の子ホヤぼーや」のエコバッグデザインを決めるウェブ投票「ホヤぼーやエコバッグプロジェクト市民総選挙」を行っている。

商品化候補のコンビニ用エコバッグデザイン5種類

 昨年9月、「海と生きる気仙沼」としての考え方と覚悟をメッセージとして市内外に伝える「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン宣言」を行った気仙沼市。海洋プラスチックごみ対策の取り組みの一つとして、レジ袋削減に向けたマイバッグ運動を推進するため、「ホヤぼーやエコバッグプロジェクト」と題した市民参加型企画を立ち上げた。

[広告]

 市民のアイデアをつないでオリジナルエコバッグを完成させる同プロジェクト。サイズや規格は市民の意見を基に、スーパー用(幅44センチ×高さ33センチ×13センチ、船底型)、コンビニ用(幅30センチ×高さ32センチ×20センチ、マルシェ型)の2種類を決定した。市内の高校生と小学生が考案した、ホヤぼーやの新イラスト5種類「大漁旗をふる」「かもめを手なずける」「出船の見送り」「突きん棒漁をする」「花(ツツジ)を与える」を使い、市内在住のデザイナー5人がエコバッグ案をデザインした。

 ウェブ投票は、スーパー用1種類とコンビニ用1種類に投票できる。原則1人1回まで。ナンバー1に選ばれたエコバッグは、市内の企業が製造し、来年1月末から市内で販売を始める予定。

 「市民総選挙」としているが、市外からの投票も可。「気仙沼に勤めている人、出身の人、気仙沼を好きな人、気仙沼に興味のある人など、市外にお住まい方もお気に入りのデザインを選んで投票いただければ」と市民生活部生活環境課担当者。「プロジェクトに関心を持っていただくことで、使い捨てプラスチックを利用するライフスタイルを見直すきっかけになれば」と期待を寄せる。

 気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階の情報プラザでは現在、実物のエコバッグサンプルを展示。会場内での投票も受け付ける。展示時間は9時~17時。投票期間は12月9日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース