食べる

仙台パルコの「ゴディバ」改装 「自分用」商品や袋売りで「身近な存在に」

ピンクや木目を使い「まるでマイルームにいるかのような柔らかな雰囲気」に仕上げた店内

ピンクや木目を使い「まるでマイルームにいるかのような柔らかな雰囲気」に仕上げた店内

  • 18

  •  

 チョコレートブランド「GODIVA(ゴディバ)仙台パルコ店」(仙台市青葉区中央1、TEL 022-774-8128)が11月27日、リニューアルオープンした。場所は仙台パルコ本館1階。

ラッピング袋で1粒ずつ販売するバルク商品

 2008(平成20)年7月の仙台パルコ本館開業時にオープンした同店。初めてのリニューアルに当たり、「お客さまとの懸け橋になってゴディバを身近な存在に感じてもらいたい」と新たなコンセプトを「my×GODIVA」を掲げた。

[広告]

 ゴディバジャパン(東京都港区)担当者は「オープン後10年を超えている店舗であり、当社としてもリフレッシュするベストタイミングを見計らっていた。より体験的な店作りをしていきたいと考え、お客さま層を考察し、新コンセプトを取り入れた」と話す。「日常用としても利用いただけるご自身用の『セルフトリート』の商品を中心にそろえ、気軽に来店してほしいという思いを込めた」とも。

 「セルフトリート」は「毎日の少しのぜいたく」「自分へのご褒美」として、ギフト商品とは別に展開する商品群。一口サイズのラッピングチョコレート「Gキューブ」(1粒151円)を1粒ずつカスタマイズできる「Gキューブミックス」をはじめ、バー(各540円)、クッキー(5枚入り=561円~)、小粒タイプのチョコレート「パール(ミルク、ダーク、ミント)」(各723円)などを取りそろえる。

 「my×GODIVA」限定サービスとして、箱ではなく1粒ずつ小さなラッピング袋に入れて販売(バルク販売)する商品も用意する。「クール」「1945 クールブラン」(以上、1粒302円)、「1946 トリュフドラップスオリジナル」「1950 トリュフドラップスプラリネ」「2020 トリュフベルジュ」(以上、1粒410円)の5種類。

 「ダークチョコレートブラウニー」(ホット=570円、コールド・レギュラー=650円)、「ショコリキサー The GODIVA」(レギュラー=670円)など約10種類のチョコレートドリンク「ショコリキサー」や、「アイスコーヒー」(同=324円)、「カカオフルーツジュース」(同=712円)などのドリンクも販売する。

 営業時間は10時~21時。