食べる

スープストックトーキョーで女川産サンマのつみれのスープ 不漁の中、今年も

「女川産さんまのつみれのスープ」と注文客に配布されるカード

「女川産さんまのつみれのスープ」と注文客に配布されるカード

  • 251

  •  

 女川町産サンマを使った「女川産さんまのつみれのスープ」の提供が11月16日、全国の「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」各店で始まった。

「女川産さんまのつみれのスープ」

 スープストックトーキョー(東京都目黒区)は2011(平成23)年から毎年、「東日本大震災からの復興に向けて取り組んでいる方の商品を買い支えたい」と、「女川産さんまのつみれのスープ」を季節限定で提供。エスパル仙台本館店の担当者は「毎年販売するたびにたくさんのお客さまから温かい言葉を頂いている」と言い、女川出身者から「食べるとなんだか懐かしくて、ふるさとに帰りたくなった」という声もあったという。

[広告]

 近年水揚げ量の減少が著しいサンマは今年も記録的な不漁で、女川漁港での水揚げは過去最も遅い10月10日だった。早ければ10月下旬に提供している同商品も、今年は時期を遅らせての提供となった。広報担当者は「冷凍サンマを使っていつもと同じ時期に提供することも考えたが、お客さまに旬の味をお届けしたいという思いから、今年取れた生サンマでのつみれの製造にこだわり、水揚げを辛抱強く待ち続けた」と話す。

 スープはあごだしとサンマの魚醤(ぎょしょう)を使い和風に仕上げた。具はつみれのほかナメコ、焼きネギ、豆腐を入れ、ユズでアクセントを加えた長芋とろろをトッピングする。

 エスパル仙台本館店担当者は「記録的な不漁の中、何とか今年取れた生のサンマで作ったおいしいつみれを用意できた。これも毎年女川の皆さんに支えていただいているからこそ。サンマを愛する町の心がぎゅっと詰まった一杯に、私たちも思いを乗せて全国にお届けする。ふるさとを思い出したり、ほっとしたり、元気になってもらえれば」と呼び掛ける。

 今年は初めて「女川産さんまのつみれスープ」の特設サイトを用意。商品注文者に特設サイトのQRコードが記載されたカードを配布し、女川の人たちに応援や感謝のメッセージを送ることができるようにした。広報担当者は「お客さまに産地とより深いコミュニケーションをする機会をつくり、スープを通じて産地とお客さまをつないでいきたい」と話す。

 価格はレギュラーカップ単品610円(税別)。仙台での提供はエスパル仙台本館店(仙台市青葉区中央1、TEL 022-393-7939)とエスパルII店(同、TEL 022-292-3022)。1注文につき10円が女川町に寄付される。販売期間は11月27日まで(準備数がなくなり次第終了)。