3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

ジャムの瓶が丸ごと入ったパン完成 仙台朝市のパン店とジャム作家がコラボで開発

縦横40センチの大きなパンを切ると、春らしい彩りの生地の中にジャムの瓶が

縦横40センチの大きなパンを切ると、春らしい彩りの生地の中にジャムの瓶が

  • 603

  •  

 仙台朝市のパン店「マルモ」(仙台市青葉区中央4)と仙台のジャム作家「salz(ザルツ)」が4月1日、ジャムの瓶が丸ごと具になった「ジャムパン」を完成させた。

湯気が立つ焼きたてのパンから出てきたジャムの瓶

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で閉塞(へいそく)感が漂う中、「少しでも明るい話題を届け、楽しんでもらえれば」と、エープリルフールに合わせて企画。パンの形や大きさ、瓶の包み方など試作を重ね、約2週間かけて完成させた。

[広告]

 ザルツの村上博信さんは「200度のオーブンにジャム瓶を入れる経験がなかったので、ふたの塗装やパッキン、ジャムがどうなるのかひやひやしていたが、心配していた部分はクリアできた」と話す。

 縦約40センチ、横約40センチ、高さ約10センチで、重さは2.5キロ。春らしい桜色や若草色など6種類の天然酵母のパン生地で、宮城県産イチゴで作ったジャムの瓶(50グラム入り)10個を包んで焼き上げた「ジャムパン」。カットすると中から湯気と共にジャム瓶が登場。村上さんは「瓶の粗熱が取れた後、温かいイチゴジャムをパンに塗って食べたらおいしいかも」とほほ笑む。

 今のところ販売の予定はない。

ピックアップ

Stay at Home