見る・遊ぶ

藤崎×漫画「BLUE GIANT」 ジャズフェスに合わせ、原画展や限定グッズ販売

藤崎本館の「BLUE GIANT×SENDAI FUJISAKI」ミニ原画展と原画・グッズ販売コーナー

藤崎本館の「BLUE GIANT×SENDAI FUJISAKI」ミニ原画展と原画・グッズ販売コーナー

  •  
  •  

 仙台の老舗百貨店「藤崎」と漫画「BLUE GIANT(ブルージャイアント)」とのデュオイベント「BLUE GIANT×SENDAI FUJISAKI」が9月5日、藤崎本館(仙台市青葉区一番町3)1階ステージFで始まった。

作中に登場する定進堂の「厚切りハムカツパン」

 「BLUE GIANT」は石塚真一さんが手掛けるジャズ漫画。ジャズに魅せられた仙台市出身の主人公・宮本大が、世界一のサックスプレーヤーを目指して成長する姿を描く。作中には広瀬川やクリスロード商店街など市内のさまざまな場所が舞台として登場している。現在、海外編となる「BLUE GIANT SUPREME(シュプリーム)」が「ビッグコミック」(小学館)で連載されている。

[広告]

 今回のデュオイベントは藤崎創業200年を記念し、「全国から観光客を集める『楽都仙台』のシティーセールスに貢献したい」(藤崎広報担当者)と、市内で7日・8日に開かれる「定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台」(以下、JSF)に合わせて企画。ミニ原画展や原画・グッズ販売、石塚さんのトークショー、ジャズライブなどを展開する。

 ミニ原画展では、作中場面の原画やパネル約40点を展示。「BLUE GIANT 仙台市内舞台探訪MAP」では、作中に登場する飲食店やスポットなど市内15カ所を紹介する。「地元の方はもちろん、ジャスファンの方、漫画ファンの方、全国からいらっしゃるたくさんの方にもご覧いただければ」と担当者。

 原画・グッズ販売コーナーでは、藤崎や仙台をテーマにした「描き下ろしオリジナル複製原画(藤崎前)(伊達政宗公騎馬像前)」(各20枚限定、各1人2枚まで、各3万8,500円)をはじめ、「『岡田の仙台長なす漬本舗』仙台季香 仙台長なす漬 限定パッケージ」(432円)、「『菓匠三全』萩の月 限定パッケージ」(1,201円)、「『鐘崎』伊達(だて)揚げ 限定パッケージ」(1,331円)、「新澤醸造店 純米大吟醸」「山和酒造店 純米大吟醸」(以上2,001円)、「クリアファイル2枚セット(藤崎前)(伊達政宗公騎馬像前)」(各800円)、「玉虫塗ポストカード」(1,001円)などイベント限定コラボグッズを販売。

 8日までの限定で、作中で大が広瀬川での練習中に通っていたパン店「定進堂」(青葉区川内大工町)の「厚切りハムカツパン」(180円、各日30個限定)、「コロッケパン」(150円、各日20個限定)も販売する。

 開催時間は10時~19時30分。今月11日まで。JSF期間中は、藤崎本館一番町玄関前(10時~19時30分)、JSF会場内(11時~20時)でもコラボグッズを販売する。石塚さんのトークショーは7日12時30分と15時、本館一番町玄関前に特設会場を設けて開く。観覧無料。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?