食べる

仙台のコーヒー専門店「ホシヤマ」初のベーカリーカフェ パンとのペアリング追求

46席を用意する店内カフェスペース。奥の席からは工房の様子が見える

46席を用意する店内カフェスペース。奥の席からは工房の様子が見える

  •  

 仙台のコーヒー専門店が手掛ける焼きたてベーカリーカフェ「THE MOST BAKERY & COFFEE(ザ モスト ベーカリー アンド コーヒー)」(TEL 022-369-3913)が8月15日、「三井アウトレット 仙台港」(仙台市宮城野区中野3)にオープンした。

カフェで提供する「純生」食パンのトーストとザ モストバーガー

 コーヒー専門店「ホシヤマ珈琲(コーヒー)店」やナチュラルダイニングカフェ「New Airy(ニューエアリー)」、ロースターズ&ニューヨークダイニング「THE MOST COFFEE」など、市内で6店舗を直営するホシヤマインターナショナル(青葉区一番町4)の新店舗。初のベーカリー業態となる。

[広告]

 専務取締役本部長の菊地信治さんは「当社の代表には昔から、コーヒーがあり、食もあり、自家焙煎(ばいせん)の工場があり、宿泊施設も付けたような飲食のテーマパークを郊外に開きたいという夢がある。その食の中にパンがあった」と話し、「将来に向けての第一歩」と位置付ける。

 コンセプトは「HAPPY TIME WITH BREAD AND COFFEE」。食パンを主力商品としたベーカリーに、コーヒーと焼きたてパンやハンバーガーを提供するニューヨークスタイルのカフェを併設した。店舗面積は、ベーカリー=33平方メートル、カフェ=46平方メートル。席数は46席。

 コーヒー専門店としての強みを生かし、コーヒーとパンのペアリングに徹底的にこだわりパンを開発。粉を混ぜるところから毎日手作りし、店内で焼き上げて提供する。中でも一押しは、「甘みのある生地で特別な製法を使い、耳まで柔らかく、究極のモチモチ食感を実現した」という「『純生』食パン」(1斤=400円、2斤=800円)。1日目は焼かずにそのままかぶりつき、2日目は温めたトースターで2分トーストすることで「カリッと香ばしいおいしさが楽しめる」という。

 ベーカリーではそのほか常時30種類以上のパンを用意。「塩パン」(160円)、「メロンパン」(180円)、「オニオン&フロマージュ」、「ホワイトチョコクランベリー」(以上200円)、「手挽(び)き牛肉のキーマカレーパン」(220円)、「セミドライトマトフォカッチャ」(280円)、「エスプレッソバゲット」(300円)、「シナモンブレッド」(680円)など。

 カフェでは、コーヒーやカフェラテ、スムージーなどのドリンクをはじめ、ハンバーガーやパンケーキ、ソフトパフェなどを提供。ドリンクは、「ザ モストブレンド」(420円)、「シーズナルコーヒー」(520円)、「カフェラテ」(570円)など。フードは、「『純生』食パンのトースト」(400円)、「『純生』食パンのずんだバタートースト」(500円)、「ザ モストバーガー」、「『生乳』ソフトパンケーキ」(以上1,100円)、「『生乳』ソフトパフェ」(410円)、「『生乳』ソフトパフェ チュロス No.0」(730円)などを用意する。

 メインターゲットは同施設を訪れる20~40代の女性やファミリー層。菊地さんは「ホシヤマが提案するコーヒーとパンがある幸せな時間、自家焙煎した本物のコーヒーと焼きたてパンのマッチングを楽しんでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?