食べる

仙台パルコ2に「ザ モスト コーヒー」 ホシヤマ新業態、スチームパンク導入も

「ザ モスト コーヒー」店内

「ザ モスト コーヒー」店内

  •  
  •  

 仙台パルコ2(仙台市青葉区中央3)3階のロースターズ&ニューヨークダイニング「THE MOST COFFEE(ザ モスト コーヒー)」(TEL 022-796-9360)がオープンして間もなく3カ月がたつ。

パンケーキとコーヒー

 仙台で喫茶店や飲食店を経営するホシヤマインターナショナル(一番町4)の新業態として7月1日、同施設開業に合わせてオープンした同店。店舗面積は約37坪、席数はテーブル・ハイカウンター合わせて60席。店内は、レンガやタイル、シックな色合いの革張りのソファ、木目などの素材感のあるテーブル、アメリカンテイストの写真やインテリアなどを配置し、「ニューヨークの街角にあるカフェ」をイメージした。

[広告]

 コーヒー豆は生産国・産地だけでなく、農園、生産者まで明確にし、同社焙煎(ばいせん)マイスターが「豆の特徴を最大限に引き出す焙煎・抽出を行う」というコーヒーは、「ザ・モストブレンド」と、時期ごとに入れ替えるシングルオリジン2種を用意。「ザ・モストブレンド(ハンドドリップ)」(600円)、「ザ・モストブレンド スチームパンク」(700円)、「アイスコーヒー」「カフェラテ シングルオリジン」(以上650円)などを提供する。スムージーやクラフトビール・輸入ビール(以上700円~)も。

 スチームパンクの導入は「東北初」(同社)といい、「特殊な金属フィルターでこされるので、ペーパーフィルターと違い、豆が持つ本来の酸味や特徴、味わいをストレートに感じることができるのが特徴。コーヒーのおりや油分まで抽出するので口当たりは柔らかく滑らかで、とろみのある味に仕上がる」と同社担当者。

 フードは、パンケーキやハンバーガーをメインに約30種類を用意。パンケーキには、北海道の小麦粉、フレッシュな発酵バターミルクと生乳から作られたバターミルク、種子島産のミネラル豊富な洗双糖や山形県米沢の朝採れ卵を使う。「マカダミアナッツソースのバナナキャラメルパンケーキ」「フライドアップルパンケーキ 塩キャラメルソース」(以上1,200円)、「フレッシュフルーツパンケーキ ベリーソース」「フレッシュフルーツパンケーキ チョコレートトフィーソース」(以上1,400円)など10種類を用意する。

 ハンバーガーは、オリジナルのグラハムバンズにナチュラルビーフ100%のパティとアボカド・チーズ・薫製ベーコンなどを挟んだ「ザ モスト バーガー」(1,200円)をはじめ、「チーズバーガー」(1,100円)、「アボカドバーガー」(1,150円)、「ブルーチーズバーガー」(1,300円)、「フォアグラマンゴーバーガー」(1,800円)など10種類を用意。サラダプレート、サンドイッチ、ホームメードケーキなども用意する(価格は全て税別)。

 客単価は1,300円。30~40代の女性客を中心に、休日は家族連れの利用も多いという。同担当者は「自宅でもない、職場でもない第3の場所として、心が喜ぶ、心で感じる、心で味わう、そんな満足を提供していきたい」と話す。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?