食べる

仙台・国分町の新ビルに焼き肉店「叙々苑」 東北初出店、ランチや弁当も

高級感を演出するダイニングフロアのテーブル席

高級感を演出するダイニングフロアのテーブル席

  • 0

  •  

 仙台の繁華街・国分町の「瀬戸勝ビル」に12月1日、焼き肉店「叙々苑 仙台国分町店」(仙台市青葉区国分町2、TEL 022-722-1189)がオープンした。

叙々苑の「特選カルビ焼」

 1976(昭和51)年に東京・六本木の1号店をオープンし、来年創業40周年を迎える叙々苑(本社=東京都港区)。首都圏を中心に、大阪・名古屋・広島・沖縄・札幌・金沢に直営店を展開し、59店舗目で東北初出店となった。

[広告]

 延べ床面積は110.57坪。テーブル17卓68席、個室2卓14席のほか、椅子式の和風特別個室4室22席(別途使用料がかかる)を用意する。ダイニングフロアには、スワロフスキーをちりばめ波模様にデザインされたガラスのパーテーションと、竹林をイメージした和のオブジェを設置。和風特別個室には、卓上の天板に漆をあしらった金の川など「洋の豪華さと和の優雅さが描かれた、おとぎ話のような空間」に仕上げた。

 メニューは、通常コース「焼肉会席」(花=8,500円、月=1万円、雪=1万2,000円)のほか、来年1月31日までは「叙々苑コース」(6,500円)を用意する。そのほか、「ネギタン塩焼」(2,600円)、「特選ロース薄切焼」(1枚3,000円)、「すだれ肩ロース炙(あぶ)り焼」(3,500円)、「特選カルビ焼」(5,000円)、「叙々苑サラダ」(750円)、「キムチ盛合せ」(1,300円)、「石焼ビビンバ」(1,500円)などのアラカルトメニューを提供(価格はすべて税別)。4種類のランチメニュー(11時30分~15時)や、テークアウト専用の「焼肉弁当」も用意する。

 客単価はランチタイム=2,500~3,000円、ディナー=8,000~8,500円。同社企画営業部の担当者は「仙台のみならず東北地方のたくさんの方々においでいただき、これまで叙々苑の焼き肉を味わったことがない方にも召し上がっていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、月曜~金曜=11時30分~15時、17時~翌3時、土曜=11時30分~翌3時、日曜・祝日=11時30分~22時30分。

Stay at Home