3密を避けて新しい生活様式へ!

仙台市中心部、祭りやイベントでにぎわう-すずめ踊りに6万4000人

仙台駅東口・宮城野通り一帯で行われた「夏まつり仙台すずめ踊り」

仙台駅東口・宮城野通り一帯で行われた「夏まつり仙台すずめ踊り」

  •  
  •  

 仙台の中心市街地で7月24日、さまざまな祭りやイベントが開かれ、大勢の市民や観光客でにぎわいをみせた。

商店街で行われた「三社まつり」の様子

 一番町商店街・サンモール商店街・おおまち商店街では、各商店街にある和霊神社・野中神社・恵比寿神社の合同祭「三社まつり」を開催。「商店街は元気だということをお客さまに伝えたい。プロ野球のオールスター戦に負けないぐらいの熱気と底力を見せたい」と、商店街で働く人を中心に約500人が参加。3基のみこしを担いで商店街を練り歩き、威勢の良い掛け声を響き渡らせた。

[広告]

 勾当台公園では東北放送主催の恒例イベント「TBC夏まつり」が行われた。同局のアナウンサーやパーソナリティー、ゲストアーティストやお笑い芸人など約50組が出演。ラジオの公開生放送やライブパフォーマンスで会場を盛り上げた。今年は震災復興のチャリティーを目的に、東北6県の名物や名産品などを販売。支援物資の収集も行った。

 宮城野原公園総合運動場・仙台市陸上競技場ではプロ野球「マツダオールスターゲーム2011」第3戦のパブリックビューイングを実施。「多くの方々にご覧いただける機会と場を提供したい」と日本野球機構が企画したもので、「日本製紙クリネックススタジアム宮城」で開催中の試合を2台の大型モニター車で中継。家族連れやカップルなど約1500人が声援を送った。

 仙台駅東口・宮城野通り一帯では「復興 夏まつり仙台すずめ踊り」が開かれた。今年は54組の祭連(まづら)が参加し、約1900人の「すずめ」たちが通りでの大流しやステージ上での演舞を披露。観客数は昨年を約4000人上回る6万4100人に上った。実行委員会広報担当者は「天候に恵まれたことや、アンパンマンこどもミュージアム&モールのオープン、ほかの祭りやイベントとの相乗効果で多くの方々にご来場いただけたのでは」と話す。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home