天気予報

15

10

みん経トピックス

PR

あゆみブックス、仙台に新店仙台に「屋台風」ビストロ

仙台で映像祭「occur2010」開幕-スプツニ子さん、SHIMURABROS.ら来仙

  • 0
仙台で映像祭「occur2010」開幕-スプツニ子さん、SHIMURABROS.ら来仙

「occur2010 摩磋」オープニングを飾ったスプツニ子さん(写真右)

写真を拡大 地図を拡大

 仙台・卸町のクリエーター向けシェアオフィス「TRUNK」(仙台市若林区卸町2、TEL 022-237-7232)で12月10日、映像祭「occur(アカー)2010 摩磋 -massage-」が開幕した。

「DOTMOV」の仙台巡回展(関連画像)

 主催は、音と映像のフェスティバル開催を通して「クリエーティブな都市づくり」を模索する団体「FesLab(フェスラボ)」。テーマの「摩磋(マッサ)」は摩擦の「摩」と切磋琢磨(せっさたくま)の「磋」を合わせた造語で、「視覚と聴覚、そして私たちの創造力をもみほぐし、磨き上げるキーワード」と同団体代表の柿崎慎也さんは説明する。

 期間中、会場に3つの展示を常設。世界26カ国・237の応募作品の中から選ばれた11の優秀作品を上映するデジタル・フィルム・フェスティバル「DOTMOV」仙台巡回展、仙台・東北の映像クリエーターや、「むつデジタル映像フェスティバル」出展作、東北芸術工科大学の学生作品などを上映する「FesLab selection」、姉弟アートユニット・SHIMURABROS.の作品を展示するコンセプトルーム「SHIMURABROS. in room 35」を展開。

 各種イベントも開催。10日のオープニングでは、サイボーグやジェンダー、ポップカルチャーなどをテーマにした作品を手掛けるアーティスト・スプツニ子さんによるトークセッションが開かれ、今月8日に文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品「カラスボット☆ジェニー」などを解説。東北生活文化大学講師でメディアアーティストの渡辺圭介さんによるライブインスタレーションも行われた。

 今後のイベントは以下の通り。11日=スプツニ子さんと東北大学月面探査機開発チームが参加者とともに「月で実現したいアート」を考えるワークショップ「When Planet Meet」、17日=SHIMURABROS.によるトークイベント「イマジネーションをもみほぐす」、18日=和田永さんらによる「Open Reel Ensemble」ライブ、23日=漫画家のタナカカツキさんと写真家の池田晶紀さんによるクロージングイベント「最期のひともみ」。18日からは協力企画として、せんだいメディアテーク(青葉区春日町)で「シアター・マッサージ」も。

 常設展の開催時間は10時~20時(土曜・日曜・祝日は18時まで、月曜は休み)。入場・参加無料。今月23日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

水産加工品など女川特産品や工芸品、女川グルメなどを販売する「女川物産展」。昨年の会場の様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング