仙台の高校生が街頭で「お菓子の家」づくり-市民500人も参加

手渡されたクッキーの瓦を屋根に乗せる子ども=23日15時ごろ、仙台市青葉区の一番町4丁目商店街

手渡されたクッキーの瓦を屋根に乗せる子ども=23日15時ごろ、仙台市青葉区の一番町4丁目商店街

  •  
  •  

 仙台市青葉区の一番町4丁目商店街で12月23日、「お菓子の家作り」のデモンストレーションが行われ、買い物客や光のページェントに向かう人たちの足を止めていた。

 このデモンストレーションは、仙台市青葉区にある明星高校調理科の学生らによるもの。同校は「地域に根ざした食育」を掲げてさまざまな活動を行っており、「お菓子の家作り」もその一環。街を歩く人にクッキーを手渡し、スポンジケーキの屋根に乗せてもらうことで市民とともに「お菓子の家」を作った。

[広告]

 学生らはその後、せんだいメディアテーク前に場所を移動。この日だけで500人以上の協力を得、スポンジケーキの屋根はたくさんのクッキーで埋まった。完成した「お菓子の家」は、地域のイベントなどで展示するという。

 同校3年の林修史さんは「街を歩く人が笑顔で協力してくれてとても嬉しい。このような活動を通して、食の大切さと温かさを伝えていきたい」と話していた。

明成高等学校

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?