天気予報

26

17

みん経トピックス

PR

仙台に305円均一の居酒屋仙台に無化調のラーメン新店

仙台で「ゼリーウイーク」開催へ-「ゼリーの街仙台」をアピール

  • 0
仙台で「ゼリーウイーク」開催へ-「ゼリーの街仙台」をアピール

「ゼリーの街仙台」を全国に広めようとイベントを開催。コンテストなどを通して新しい商品の開発に取り組む

写真を拡大 地図を拡大

 「ゼリーの街仙台」推進協議会(多賀城市)が現在、仙台での「ゼリーウイーク」開催に向けて準備を進めている。

 2006年度・2007年度にゼリー消費量が全国1位(総務省調べ)になるなど、ゼリーが盛んに消費されている仙台。「茶道が盛んで菓子文化が普及していること」「夏が暑すぎず、中元にゼリーの詰め合わせを贈る習慣があること」「正月料理に鮒の煮こごりを食す文化があったこと」などが理由として考えられているという。

 そうした背景から今年4月、「仙台・宮城においてゼリーを食べる文化を見直し、ほかの都市や県に新商品等の情報を発信し、全国からの集客を伸ばすこと」を目的に同協議会が発足。食用・工業用ゼラチン製品の製造販売企業、百貨店、ホテル、飲食業、大学、蔵元など12の企業と団体が参加する。

 発足後初のイベントとして、7月10日~16日に「ゼリーウイーク」を開催。参加各企業・団体が地元食材を使用した新商品を提案するほか、大学生による「ゼリーオブジェ」のアート作品展示などを行う。同協議会事務局の今野政秋さんは「今までのゼリー商品にプラスαがあったり、これを機に新商品を発表したりとワクワクするものばかり。仙台の街全体で盛り上がれるイベントになれば」と期待を寄せる。

 同イベント開催に先駆け、今月7日から「仙台ゼリーメニューコンテスト 2010」の応募作品を募集。応募条件はゼラチンを使用したメニューで、大きさは直径30センチ以内、作品に「仙台・宮城らしさを盛り込むこと」。事前審査とゼリーウイーク期間中の本審査を経て順位を決め、1位になった作品は商品化も予定する。募集期間は今月25日まで。

 「食材の地産地消はもちろんだが、人物やキャラクター、仙台七夕や光のページェントなど仙台や宮城をイメージさせるもの、地元愛を感じさせてくれる作品も大歓迎。ゼリー好きな皆さんに奮ってご応募いただければ」と今野さん。「今後は協議会として、仙台のさまざまなイベントにも参加していきたい」と意欲をみせる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

リニューアルした藤崎の和洋酒売り場。日本酒に合う宮城の水産加工品やワインに合うチーズも置く
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング