仙台名物・笹かまに「戦国BASARA」パッケージ-若年層ターゲットに

「『戦国BASARA』仙台名産 厚焼き笹かま」商品パッケージ ©CAPCOM/TEAM BASARA

「『戦国BASARA』仙台名産 厚焼き笹かま」商品パッケージ ©CAPCOM/TEAM BASARA

  •  

 笹かまぼこなどの生産・販売を行う高浜食品工業(塩竃市)は5月11日、「『戦国BASARA』仙台名産 厚焼き笹かま」の販売を開始する。

 同商品は、「肉厚感があり、魚本来のうま味が感じられる商品として人気」(同社広報担当者)の「厚焼きかまぼこ」の期間限定商品。カプコンのゲームソフト「戦国BASARA」のテレビアニメ化を記念して発売するもので、パッケージには同作の人気キャラクター・伊達政宗と伊達家の家紋「竹に雀」をあしらった。同社広報担当者は「魚が本来持っている良質たんぱくを多く含んだヘルシー感のある笹かまなので、育ち盛りのお子さまからご年配の方々まで安心して食べていただければ」と話す。

[広告]

 同社では発売を記念して、「『戦国BASARA』伊達な笹かまキャンペーン」を今月18日から行う。同商品のバーコードを規定数送ると、「秋保温泉」の宿泊券やテレビアニメ「戦国BASARA」伊達政宗オリジナルTシャツ、同キャラクター根付けが抽選で当たる。応募は7月17日まで。

 同社広報担当者は「魚肉練り製品の購買者層は高く、若い人々の間ではかまぼこ離れも見られる中で、戦国ブームを背景にして10~20代の若年層にかまぼこ売り場へ足を運んでいただき、笹かまぼこを食べてもらうきっかけになれば」と期待を寄せる。

 価格は248円(3枚入り)。県内ほか全国のスーパーなどで7月まで販売予定。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?