買う

仙台城で「シナモロール」「ぐでたま」の御城印販売 「ハローキティ」に続き

(右から)「シナモロール×仙台城 御城印」と「ぐでたま×仙台城 御城印」。伊達政宗公騎馬像前で © 2023 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L640111

(右から)「シナモロール×仙台城 御城印」と「ぐでたま×仙台城 御城印」。伊達政宗公騎馬像前で © 2023 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L640111

  • 129

  •  

 サンリオ(東京都品川区)のキャラクター「シナモロール」と「ぐでたま」をあしらった御城印が11月23日から、仙台城跡の青葉城本丸会館売店で販売されている。

第1弾の「ハローキティ×仙台城 御城印」

[広告]

 御城印は、城や城跡を訪れた際の記念として、城名やゆかりある城主の家紋や花押などを御朱印のように和紙(半紙)に押したもの。現在1600城以上で販売されている。サンリオキャラクターをあしらった御城印は、「ご当地キティ」をはじめとする土産品やキャラクターグッズの企画・製造・販売を手がけるあすなろ舎(神奈川県大和市)と、東北地方で観光土産品卸売業を営む東北カード(仙台市青葉区)が共同制作する。

 11月1日に第1弾として「ハローキティ×仙台城 御城印」を発売。伊達政宗公のトレードマークである三日月の前立てと眼帯を着けた「ハローキティ」と伊達家の家紋「竹に雀」の朱印をデザインした。あすなろ舎の広報担当者によると「販売前から問い合わせがあり、サンリオファン、御城印ファンの方だけでなく、外国人観光客にも多く購入されている」といい、1カ月で1000枚以上を売り上げたという。

 今回発売した第2弾は、季節限定デザインの「シナモロール×仙台城 御城印」と「ぐでたま×仙台城 御城印」。「キャラクターがこの季節に仙台城を訪れたらどのように動くかをイメージし、訪れた方が共感できるようなシーンを切り取っているのが特徴」と同担当者。

 東北カード社長の和久未明さんは「この御城印をきっかけに、観光シーズンでない時にも、地元の人々にも仙台の観光地を訪れてほしい。キャラクターのパネルも展示しているので、楽しんでもらえたら」と呼びかける。

 サイズは100ミリ×148ミリで、価格は1枚400円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース