天気予報

6

1

みん経トピックス

仙台でウェブ関連セミナー仙台にフットサルウエア店

手作り雑貨とカフェの複合店「みんなのお店」に焼き菓子店-夫婦が開く

  • 0
手作り雑貨とカフェの複合店「みんなのお店」に焼き菓子店-夫婦が開く

3店が同居する「みんなのお店(仮)」。店内奥にある「メリーズカフェ」のスペース

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区のカフェとショップが同居する「みんなのお店(仮)」(仙台市青葉区宮町2、TEL 022-266-1755)に1月10日、新たに焼き菓子店「Sweets Spice Asano(スイーツ スパイス アサノ)」が店を開いた。

雑貨や焼き菓子が並ぶ販売スペース

 同所は、伊藤恵さんが2005年10月に手作り雑貨ショップ「OPEN SESAME(オープンセサミ)」としてオープン。雑貨販売のほか、トールペイントやパッチワークの教室を開いていたが、店内の改装を機に友人のみわりかさんに店内の一部を提供。昨年12月11日にみわさんが運営する「Merry's Cafe(メリーズカフェ)」を加えてリニューアルオープン。さらに1月10日、浅野学さん・みどりさん夫婦が焼き菓子店「スイーツ スパイス アサノ」を開いたことで、「焼き菓子、手作り雑貨、カフェの3つが一緒に楽しめる店」(伊藤さん)になった。

 店舗面積は約18坪。店内は、白と木目を基調としたカントリー調の優しい雰囲気で、入り口側に販売スペース、奥にカフェスペースを設ける。席数は18席。「みんなのお店」というのは仮の名前で、伊藤さんは「まだこの空間全体の名前がないので、そのうちポッと名前を決めようと思っている」と笑う。

 新たにオープンした「スイーツ スパイス アサノ」では、「四季を感じ、旬を口にする喜びを大切にした」(浅野さん)月替わりの焼き菓子を常時15種類ほど提供。1月のメニューは、シフォンケーキの「ほうじ茶」「ゆず」「ぬれあずき」「ペッパーベーコン」「バニラ」(各200円~)のほか、マフィン、アメリカンビスケット、パフクッキー、ビスコッティーなど。みどりさんの出身地・長野県の名物「信州おやき」(130円)も販売する。「体に優しい素材を使っているので、小さなお子さんからお年寄りまでたくさんの方に食べてほしい」と浅野さん。

 オープンセサミでは手作りのパッチワーク小物やバック、小物入れ、リース、レターセットなどを200円台から販売。メリーズカフェでは、「カレーライス」「豚汁とおにぎりセット」「ホットサンド」(各390円)など約7種類のフードメニューとドリンクメニュー約15種類、アルコール約10種類を提供する。

 メリーズカフェのみわさんは「フラッと立ち寄れるような、街に根付いた親しみのある店を目指したい」と意気込みをみせ、伊藤さんは「寂しくなった時や誰かと一緒にいたい時などにも、足を運んでもらえれば」と話す。

 営業時間は7時~21時ごろ(日によって異なる)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

戦後から現在までの、企業と関わりながら飛躍し続けるデザイナーの作品を紹介する5章「フィンランド・デザインの“飛躍”」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング